そもそも権利がある人は誰か? - 会社設立全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会社設立

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

そもそも権利がある人は誰か?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会社設立
  3. 会社設立全般
経営 経営実践

おはようございます、今日は温度計の日です。
この4~5月は、なんとも安定しない気温ですね。


自著『高校生からはじめる投資のはなし』について。
動画配信もはじめました!


事業承継における「相続」と「相続税」についてお話しています。
前提となる「相続(誰が何をもらうのか)」について考えてみます。


まず基礎知識として、相続というのは、誰でも対象になるわけではない、
ということを知っておく必要があります。
言われてみれば当たり前のことで
「お隣のAさんが亡くなったから、自分が遺産をもらう」
ということは存在し得ない、というのは簡単に想像できるかと思います。


一般的に、相続というのは自分の子どもたちが対象になります。
子どもがいない場合には、親や兄弟に話が流れることもあります。
あとは常にキーマンとなるのが配偶者です。


相続は「配偶者と親族が関係するお話」です。
これが事業承継における、最初のポイントとなってきます。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

後継者候補は誰なのか?(2022/05/15 08:05)

このコラムに類似したコラム

分けにくさ「小」:現預金 高橋 昌也 - 税理士(2021/10/20 07:00)

相続と相続税は分けて考える必要がある 高橋 昌也 - 税理士(2022/05/13 08:00)

なにも対策をしないとどうなるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2022/05/12 08:00)

事業承継向けの融資制度 高橋 昌也 - 税理士(2022/05/11 08:00)

価値ある財産の移転は、簡単にはできない 高橋 昌也 - 税理士(2022/05/07 08:00)