ライバルを明確にすることのメリット - 人事労務・組織全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)

閲覧数順 2019年04月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ライバルを明確にすることのメリット

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 人事労務・組織全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 お勧めの取り組み

 これは業界によっていろいろだと思いますが、自社のライバルをはっきりと見定めている会社とそうでない会社があります。


 私がかつて属していたIT業界では、あるレベルまで達した中堅企業や大手企業の場合は、それなりにライバル企業を見据えているところもありますが、企業数では中小零細の業者が圧倒的に多いということもあり、あまりライバルとか競合ということを考えていない傾向があるように思います。


 そのせいもあって、私自身の意識としても、誰がライバルとか、どこと競合しているということをあまり考えないところがあります。

 これはスポーツ選手などでもそうですが、最近の傾向として、誰かをライバルと位置付けるような他人との比較はせず、あくまで自分自身で定めた目標に対する取り組みをすることで、自分を高めていこうという人が増えています。


 私自身も、他人の事情に左右されたり、「勝った」「負けた」と他人との比較で一喜一憂したりするよりは、他人に左右されない自分自身の目標への取り組みを積み重ねていく方が望ましいと思っています。


 ただ、私のクライアントの会社にが、はっきりとしたライバル会社がいて、常にその会社を上回ることを目標にしているところがあります。

 この会社の様子を見ていると、まず自社の目標やサービスを考える際に、必ずライバル会社の動向をチェックします。勝負できるところと難しいところを切り分け、それに見合った戦略を練ります。


 また、実際の営業活動でバッティングすることも多いので、価格設定やサービス内容などもライバル会社の動向を見ながら対策を考えます。ライバル会社と直接接する訳ではありませんが、当然さまざまな駆け引きがあります。かといって、相手との比較で一喜一憂していることはほとんどありません。


 こういう環境で仕事をしている人はたくさんいるでしょうが、ライバルを意識していない人たちと、ライバルがはっきりしている人たちとを比べて思うのは、ライバルがいた方が自分たちの目標がはっきりしやすく、答えをあいまいにせずに常に何らかの行動が求められ、なおかつそれが習慣づいているということです。


 自分だけで立てた目標というのは、その取り組みも含めて概して甘くなりがちで、それなりの意志の強さがないと、なかなか達成できないことも多いですが、その一方、競わなければならない相手が、明確なライバルとしてはっきりしていると、それぞれの社員はやらざるを得ない状況に置かれ、目標への取り組みが実行されやすい面があります。個々の意志の強さに関わらず、実行力が上がるように思います。


 目標に対する自律的な取り組みができればそれが最善ですが、人間というのは、ついどこかで甘えたりサボったりしてしまうものです。

  組織運営において、もしも実行力に不足を感じるような場合は、あえてライバルを明確化するという方法もあるように思います。



カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

仕事の「不安」と「不満」(2019/03/26 08:03)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

当事者では気づきづらい組織風土の問題をアドバイス。同テーマ商品の対面相談版です。

料金
6,000円

「今一つ元気がない」「何となく一体感がない」など、職場の風土や雰囲気に関する悩みについては、当事者しかわからない事情とともに、当事者であるために気づきづらい事もあります。これまでのコンサルティングで、活気を維持する、活気を失う、活気を取り戻す、という様々な事例、プロセスを見た経験から、会社状況に合わせた原因分析、対策をアドバイスします。(同テーマのメール相談を、より詳細に行うための対面相談です)

【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える