贈与税の申告に注意 - 税金全般 - 専門家プロファイル

大手町会計事務所 代表税理士
東京都
税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

贈与税の申告に注意

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般
税金

平成27年から贈与税が改正されています。


父母や祖父母などの直系尊属から20歳以上の子供や孫などの直系卑属の贈与とそれ以外では贈与税の税率が異なります。


どちらか片方だけなら特に難しくないですが、両方から贈与を受けていた場合は計算が複雑になります。


さらに、父母や祖父母などの直系尊属から20歳以上の子供や孫などの直系卑属の贈与で、410万円超の贈与の場合は、贈与者と受贈者の関係を示す戸籍謄本等が添付書類に必要となります。


改正初年度の贈与税の申告なので、計算誤りや添付書類漏れが多いような気がします。


相続税も平成27年から改正になって話題になっていますが、贈与税の改正は忘れがちです。


申告前にもう一度計算方法を確認しましょう。




カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

認知症と家族信託 その2(2017/09/14 12:09)

認知症と家族信託 その1(2017/09/12 11:09)

海外赴任中の住民税(2017/08/08 13:08)