住宅取得時の贈与税非課税の具体的な、事例 - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所 代表 一級建築士
東京都
建築家
03-5948-9673
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)

閲覧数順 2017年10月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅取得時の贈与税非課税の具体的な、事例

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
「住宅密集地」「狭小住宅」の家づくり 費用(コスト)

「住宅取得資金の非課税制度」と「相続時精算課税制度」は ミックスして使う事が出来ます。

例えば、まず 「住宅取得資金の非課税制度」として1200万円の非課税(省エネ住宅) さらに、 「 相続時精算課税制度」として、2500万円を加えると (贈与税の基礎控除は0円) 最大3700万円までが、適用対象となります。

まず、住宅取得資金の非課税枠を使い、それ以上に贈与を受ける場合は、 相続時精算課税制度を適用させるのが、常道かな。 (税法が将来変更されるリスクを避ける為)

※3700万円贈与して戴けるケースであれば、これは羨ましい!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所 代表 一級建築士

「あなたらしい、世界の一つだけの家」を実現

「あなたらしい、世界の一つだけの家」を実現するため、細やかな「収納計画」、「光と風」を取り入れ、「素材」と「間取り」の工夫で、心地よい住む方らしい家づくりをしています。住宅・デザイナーズ賃貸・クリニック・老人ホーム、東京都の建築設計事務所。

03-5948-9673
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「「住宅密集地」「狭小住宅」の家づくり」のコラム

住宅資金の話(2012/10/10 14:10)

このコラムに類似したコラム