家賃の消費税アップはいつからか - 税金全般 - 専門家プロファイル

大手町会計事務所 代表税理士
東京都
税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家賃の消費税アップはいつからか

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般
税金

来年4月より消費税が5%から8%になります。


家賃の場合、翌月分を前月末に受け取る「前家賃制」と

なっていることが多いのですが、
8%に上げる時期がいつなのでしょうか。


消費税法基本通達では、

不動産賃貸について、消費税の売上を計上する時期は、
「契約又は慣習によりその支払を受けるべき日とする」となっています。


「支払を受けるべき日」とは、「前家賃制」であれば、前月末となります。


ということは、

平成26年4月分の家賃を3月末に受領する場合、
「支払を受けるべき日」は3月末なので4月分の家賃まで、

消費税は5%となります。


平成26年5月分の家賃を4月末に受領する場合
「支払を受けるべき日」は4月末なので5月分の家賃から、

消費税は8%となります。


これが原則的な取扱いです。


上記以外の経理処理として翌月分の家賃を、
「前受金」として経理処理することができます。


このような経理処理の場合、
月末にもらう家賃を翌月まわすことになります。


この経理処理をしている場合は、
消費税の8%に上げる時期もそれにしたがうことになります。


従いまして、「前受金」として経理処理していれば、
平成26年3月分の家賃までは、消費税は5%、
平成26年4月分の家賃からは、消費税は8%となります。


ややこしいですね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

流行の兆し iDeCo(2016/12/02 11:12)

まだ間に合う今年の節税(2016/11/30 15:11)

ていないしんし?(2016/09/14 18:09)

このコラムに類似したコラム

相続は節税よりも納税資金の確保 大黒たかのり - 税理士(2013/12/05 15:55)

最新脱税方法 大黒たかのり - 税理士(2013/06/21 11:40)

相続税対策はこれで 大黒たかのり - 税理士(2013/05/28 10:04)

え~!もう始まってるの?! 林 高宏 - 税理士(2012/10/12 01:39)

平成27年度 所得税の脱税事例 大黒たかのり - 税理士(2016/11/14 11:15)