労働基準法23条(退職・死亡した労働者の金品の返還) - 労働問題・仕事の法律全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

労働基準法23条(退職・死亡した労働者の金品の返還)

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 労働問題・仕事の法律
  3. 労働問題・仕事の法律全般
相続

労働基準法23条

(金品の返還)

第23条  使用者は、労働者の死亡又は退職の場合において、権利者の請求があった場合においては、7日以内に賃金を支払い、積立金、保証金、貯蓄金その他名称の如何を問わず、労働者の権利に属する金品を返還しなければならない。

  前項の賃金又は金品に関して争がある場合においては、使用者は、異議のない部分を、同項の期間中に支払い、又は返還しなければならない。

 

・権利者とは、労働者または死亡の場合には相続人。労働者の債権者を含まない。

・労働者が退職した場合、使用者が労働者の金品を返還させないと、労働者の足止めに利用されるおそれがある。また、労働基準法23条は労働者ないし相続人の経済生活を保護する趣旨である。

・賃金支払日が到来する前でも、権利者から請求があった日から7日以内に支払わなければならない。

・退職金について労働基準法23条は規定していないから、所定の支払日に支払えばよい。

このコラムに類似したコラム

退職と賃金債権の放棄 村田 英幸 - 弁護士(2013/08/04 08:41)

退職と相殺合意 村田 英幸 - 弁護士(2013/08/04 08:46)

ビジネス法務2010年8月号、労働法 村田 英幸 - 弁護士(2013/11/01 17:05)

退職した労働者の私物金品の返還(労働基準法23条) 村田 英幸 - 弁護士(2013/08/04 13:47)