バナナ・キャラメルケーキ 辻ウエルネスクッキングスクールで - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
廣瀬 ちえ
(料理講師)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

バナナ・キャラメルケーキ 辻ウエルネスクッキングスクールで

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室

バナナキャラメルケーキ

5月28日
辻ウエルネスクッキングスクール、5月のお菓子講座にて

今月は焼きぱなしのバナナキャラメルケーキを作ります。
まずキャラメルを作って型に流し、バナナを並べ、カトルカールの生地を流して焼いたらできあがり。
キャラメルとバナナの組み合わせは最高。そしてバナナに火が入ることで、ふわっとバナナの香りがバターケーキに移り、またおいしくなるのです。

通常は口が少し広がったマンケ型を使うのですが、こちらの学校にはないので、まっすぐなデコ缶を使っています。たんに形が違うだけ・・と甘く見ていたら大違い。
型が違うと火通りが違ってきて、型の素材が違うからかオーヴンの焼成温度もちょっと変える必要がでてきました。型から抜いたときの焼き上がり(バナナの見かけ)も違ってきて、意外にも手こずりました。
とてもシンプルでベーシックな配合なのに、型が違う、オーヴンが違うと、同じようにはいかない、という当たり前で難しい問題に行き当たり、今回は私個人としてもとても勉強になりました。
お菓子はやっぱり侮れません。

うちで焼くときは直火式のデッキオーヴンで焼きますが、こちらの学校はコンベクション。ふわっとしたケーキになりました。一番おいしい時間も少し違うはずです(うちで焼いたほうが目が詰まり気味なのでおいしい時間は早くやってきて、コンベクションのほうがふわっとしている分、少し時間をおいたほうがおいしいと思います)。





このコラムに類似したコラム

ロールケーキ講座のお知らせ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/07/19 22:49)

抹茶のシフォン講座 辻ウェルネスクッキングスクールにて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/06/27 22:20)

人でなしと言われようとも・・5月の料理連続講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/05/12 23:30)

抹茶シフォン 辻ウエルネスクッキングでの教室のお知らせ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/05/12 00:29)