中国とインドの呼吸法 - ヨガ全般 - 専門家プロファイル

辻 良史
筑波大学発ベンチャー(株)サイバー・ヨガ研究所 代表取締役
東京都
博士(体育科学)

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター 社会福祉士)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター 社会福祉士)
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)

閲覧数順 2021年07月31日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中国とインドの呼吸法

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ヨガ全般
無敗脳

「火の呼吸」で一生負けない脳をつくる無敗脳ヨガ道場の辻です。

 

呼吸法の目的は、今も昔も心身の健康のために行われてきました。

 

中国では特に長寿を目的にした呼吸法が多いですね。

 

食物と同じように大気中の良い気(後天の気)を体内に取り込んで、心身を健やかにします。

 

インドでは、脳力開発のために行っているケースが多いですね。

 

これは、インドでは「クンダリーニ」と呼ばれる生まれた時に人体に宿る気(先天の気)を強化する目的のものが多いからなのです。

 

扱うエネルギーの量は同じ気でも「後天の気」よりも「先天の気」の方がはるかに強いです。

 

「クンダリーニヨガ」は、密教系ヨガとも呼ばれていますが、 

要はこのクンダリーニと呼ばれる気をパワーアップさせて脳まで運ぶヨガのことです。

 

ですので、使用する呼吸法もハタヨガなどで行うゆったりした呼吸法よりも、火の呼吸」などの激しい呼吸法がメインになってきます。

 

ヨガでは、伝統的に五つの身体が存在すると言われていますが、

 

その内の肉体の身体を強化してくれるのに「クンダリーニヨガ」は非常に有効的といえます。

 

伝統的なヨガでは、この「クンダリーニ」を脳までもっていく過程までがファーストステップですね。

 

無敗脳」獲得にも必要なプロセスといえます。

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

東京都 港区 田町【無敗脳ヨガ道場辻でした。

 

サイバー・ヨガ」ブログ

このコラムに類似したコラム

ヨガ式 立禅!「アーチャー・ポーズ」 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/11/16 19:00)

「火の呼吸」とポーズの関係 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/11/15 18:57)

チャクラと呼吸法 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/04/05 19:11)

クンダリーニヨガは「角度」が大事! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/03/16 22:51)

丹田をパワーアップさせる究極のヨガエクササイズ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/02/01 07:54)