小笠原 隆夫(経営コンサルタント)- コラム「中高年の「転職が難しい」は、本当に年令のせいなのか」 - 専門家プロファイル

小笠原 隆夫
組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

小笠原 隆夫

オガサワラ タカオ
( 東京都 / 経営コンサルタント )
ユニティ・サポート 代表
Q&A回答への評価:
4.7/75件
サービス:4件
Q&A:193件
コラム:648件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

中高年の「転職が難しい」は、本当に年令のせいなのか

- good

社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験 2019-12-17 08:00

 最近多くの会社で、早期退職や希望退職などの形で、中高年社員に社外に出てもらおうという動きが見られます。

 それに応募して会社を辞めた人たちの中には、もちろんうまく再就職先を見つける人もいますが、なかなか次の会社が見つからず、とても苦労している人も大勢います。

 40代、50代の転職が増えてきているとはいっても、実際の採用現場を見ていると、やはり40代後半を超えてくると、再就職のハードルが高くなってくることは確かです。

 

 人材募集をしている企業の多くは、どちらかといえば若手から中堅あたりを望んでいることが多く、それを意図した求人が大半のように感じますが、なぜそうなのかという理由を聞くと、やはり年令が上になるほど頑固で会社になじみづらくなると思っていたり、処遇のわりに能力不足だというようなコストパフォーマンスの話をされます。

 そんなことはないと言いたいところですが、採用する会社の立場で、中高年を受け入れた経験を持つ者としては、ある部分は真実であるとも思います。

 

 中高年になって、若干想定外の形で就職活動をしている人は、みんな「この年令になると転職は難しい」と口々に言います。これは同世代で企業に残っている人たちも同じことを言い、今の会社に何とかしがみつこうとします。会社も社員も、お互いにとってあまり幸せなことではありません。

 

 そんな中、まだ少数かもしれませんが、ちょっと違う話を聞くことがあります。

 ある会社で聞いたことですが、その会社が属する業界は、若い営業担当が圧倒的に多く、なおかつ定着があまり良くないそうです。

 

 ある日営業社員との同行で、その会社の40代の社長が、あえて経営者ということを言わずに商談に同席したところ、商談相手から「こんなベテランの人が来てくれた会社は初めてだ」と言われて、やけに感謝されたそうです。

 

 どうも顧客からすると、若い営業担当では思うように話が通じず、さらに担当が頻繁に入れ替わるので、その度にまた一から説明をしなくてはならず、そんなことをずいぶん不自由に思っていたようです。

 そこへベテラン営業を装った社長が来たわけですが、業界経験も豊富で話が早く、アドバイスも的確となれば、「やっぱり経験がある人は違う」ということだったようです。

 すぐに商談は成立し、その後も継続的な取引ができるようになったそうで、自分が社長だとカミングアウトしたときには、相手からずいぶん驚かれたようですが、結果的にはそれも良い方向に作用したそうです。

 

 経験があるベテランを求めているという会社は、表には出てきにくいものの、潜在的には結構多いのではないかという印象があります。

 そうなると、転職が難しいのは実は年令のせいではなく、仕事の能力、処遇条件とのアンバランス、性格や態度、姿勢の問題など、それ以外のところに原因があることになります。そうだとすれば、必要なことを学び、仕事能力を高め、自分の意識を変えるなど、その人の努力によって改善される部分も多いはずです。

 

 「転職が難しい」は、本当に年令のせいなのか。あらためて考えてみる意味はありそうです。

 

 

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

中小法人限定で当事者には気づきづらい組織課題を社員ヒアリングで診断。自社の組織改善に活かして下さい。

料金
無料

組織の課題は、当事者しかわからない事とともに、当事者であるために気づきづらい事があります。これまでの組織コンサルティングで、様々な組織課題とその改善プロセスにかかわった経験から、貴社社員へのヒアリング調査によって組織課題を明らかにし、その原因分析や対策をアドバイスします。予算がない、依頼先を見つけられないなど、社外への依頼が難しい中小法人限定です。社員ヒアリングのみで行う簡易診断になります。

【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム