小笠原 隆夫(経営コンサルタント)- コラム「経営者の「傲慢症候群」に思い当たるところあり」 - 専門家プロファイル

小笠原 隆夫
組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

小笠原 隆夫

オガサワラ タカオ
( 東京都 / 経営コンサルタント )
ユニティ・サポート 代表
Q&A回答への評価:
4.7/75件
サービス:4件
Q&A:193件
コラム:565件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

経営者の「傲慢症候群」に思い当たるところあり

- good

社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験 2018-02-13 07:06

 傲慢なトップが暴走して、経営につまずくような例はときどき見かけますが、ある新聞記事によると、英国では「傲慢」を「人格障害」と捉え、これを「傲慢症候群」と名づけ、対策を考える研究が始まっているそうです。権力の座に長くいると性格が変わる人格障害の一種とのことです。


 「傲慢症候群」では、以下の14症例というものが挙げられています。

1.自己陶酔の傾向があり、「この世は権力をふるって栄華をめざす劇場だ」と思うことがある。

2.何かするときは、まずは自分がよく映るようにしたい。

3.イメージや外見がかなり気になる。

4.話しているうちに気が高ぶり、自分がまるで偉大な指導者だと錯覚することがある。

5.自分のことを「国家」や「組織」と重ね合わせ、考え方も利害も同じだと思ってしまう。

6.自分のことを王様のように「私たち」と気取って言ったり、自分を大きく見せるため「彼は」「彼女は」などと三人称をつかったりする。

7.自分の意見には過大な自信があるが、他人の意見の批判は見下すことがある。

8.「私には無限の力がある」など、自分の能力を過信する。

9.「私の可否を問うのは、同僚や世論などのありふれたものではなく、審判するのは歴史か神だ」と思う。

10.「私の正しさは、いずれ歴史か神が判断してくれる」と信じている。

11.現実感覚を失い、ひきこもりがちになることがある。

12.せわしなく、むこうみずで衝動的な性格である。

13.大きなビジョンに気をとられがちで、「私がやろうとしていることは道義的に正しいので、実用性やコスト、結果についてさほど検討する必要はない」と思うことがある。

14.計画を進めるとき、基本動作や詳細に注意を払わないので、ミスが多い。


 世の中を戦争に引き込むような歴史上の指導者や、最近であれば、リーマンショックでも利益追求をやめずに巨額の損失を出したファンドの経営者、乗務員のサービスに激怒して飛行機をひきかえさせた「ナッツ騒動」なども、この傲慢症候群に当てはまるとのことです。


 「傲慢症候群」にかかりやすいのは、年齢を問わず「権力の座についてからも、成功をおさめてきた人」で、実権をにぎってから、ある程度の年数が経ってから発症するとのことですが、そう言われると、私が接してきた経営者にも思い当たる人がいます。


 例えば、当初は謙虚で他者尊重の様子だった経営者が、その後しばらく経ってからお会いすると、社員の愚痴やマイナス評価ばかりになっている、人の助言や意見を聞かなくなっている、強引に自分の意見を押し付けている、他者に攻撃的になっているなど、まさに「傲慢症候群」になってしまっていることがあります。


 その一方、自信なさげだった経営者が、数年後にお会いすると自信満々で会社を率いている、落ち着いた風格を身につけているなどといったこともあります。良い意味での自信や傲慢さを身につけたということでしょう。


 人格障害などと言いながらも、このような特性を持っていたおかげで、大きな成功をおさめた経営者はたくさんいます。ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブス、最近ではイーロン・マスクなど、大きなイノベーションをもたらすような人には、この「傲慢症候群」に当てはまる要素が必ずあります。傲慢な人が全員悪徳経営者かというと、決してそうではありません。

 いずれにしても、権力は良くも悪くも人の心理を変えてしまうということでしょう。


 経営者にある種の傲慢さは必要だとしても、この行き過ぎは間違いなく経営リスクです。これを避けるには、本人が意識することはもちろんですが、権力の分散などの仕組みも必要になります。例えば、経営トップと同等に近い権限を持ち、トップに対して苦言を呈する事ができる人の存在です。よくナンバー2の重要性が言われるのも、こういうことではないかと思います。


 企業の健全性を保ち、悪い意味の「傲慢症候群」に陥らないためには、経営者自身が自分を律することと合わせて、ナンバー2の育成や相互牽制の仕組み作りといったことも、これからは重要な取り組みになるのではないでしょうか。



カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

当事者では気づきづらい組織風土の問題をアドバイス。同テーマ商品の対面相談版です。

料金
6,000円

「今一つ元気がない」「何となく一体感がない」など、職場の風土や雰囲気に関する悩みについては、当事者しかわからない事情とともに、当事者であるために気づきづらい事もあります。これまでのコンサルティングで、活気を維持する、活気を失う、活気を取り戻す、という様々な事例、プロセスを見た経験から、会社状況に合わせた原因分析、対策をアドバイスします。(同テーマのメール相談を、より詳細に行うための対面相談です)

【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム