ユニットリンクかiDeCo - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

ユニットリンクかiDeCo

マネー 家計・ライフプラン 2021/07/27 08:40

38歳、32歳の夫婦です。

学資のためにユニットリンクをしています。死亡保障も欲しかったので、子ども2人分を夫婦1口1万円ずつ入っています。
不足に備え、個人年金にも加入しました。
児童手当と月5000円ずつ、現金でも一応残しています。
(個人年金じゃなくて、積立NISAでも良かったかも…)

その際、老後資金としてユニットリンク75年満期の介護保険付きを提案され、契約しました。

帰宅後、よく考えると、主人65歳までは3000万以上死亡保険に入っています。そう考えると、死亡保険よりもiDeCoに加入し、確実に増やせる方がいいのでは?と、思い始めました。
保険貧乏にもなりかねないので、私も解約し、現金で働くまでキープしようかと考えています。私の足りない死亡保険だけ、掛け捨て考えています。

個人年金も気になるのですが…
老後資金として、介護保険もあることから、このままユニットリンクを継続すべきか、iDeCoに変更か。

クーリングオフがまだ、対応期間内です。
アドバイス頂けると助かります。
投資信託や変額保険自体、もう辞めた方がいいのか。

素人ですが、よろしくお願いします。

ぴくさん ( 愛知県 / 女性 / 32歳 )

回答:3件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

1 good

貯蓄について

2021/07/27 11:56 詳細リンク
(3.0)

はじめまして。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

目的により違ってきますが、保険がいらなく貯蓄が目的というのであればiDeCoが積立額全額が所得控除できるので一番いいです。ただ、途中辞めてお金を引き出すことはできないので支払い続けられるかについては注意してください。
投資信託、変額保険自体も辞めたほうがいいかについては、どんな目的でいつまでにいくら貯めるのかやご自身が経済情勢をチェックし投資先に対してチェックができるかにより違ってきます。変額保険は保険もついているので保険が必要なのかの判断も必要になってきます。

とりあえず投資信託、変額保険(ユニットリンク)、iDeCo、NISAなど投資性商品をやるのであれば経済情勢は常にチェックして投資先のチェックは必要になります。

iDeCo
変額保険
投資信託

評価・お礼

ぴくさん

2021/07/27 17:13

回答ありがとうございました。
あまり貯金がないので、老後の運用は、もう少し現金を確保してからの方がいいのかな…と。
第二子が12月に産まれるので、2人の子育てのイメージがついてから考えたいと思います。

辻畑 憲男

2021/07/27 19:16

評価ありがとうございます。
あまり貯金がないのであれば、老後の資金準備は後のほうがいいですね。老後資金の準備をして教育ローンや住宅ローンを多く借りるのは本末転倒です。貯蓄の順番は大切です。教育資金、住宅購入資金、老後資金など順番を考え、貯蓄計画を立ててそれにあった運用の方法を考えてみてください。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

4 good

老後資金確保なら iDeCoが優位

2021/07/27 11:57 詳細リンク
(4.0)

こんにちわ。
老後の資産形成だけを目的ならばiDeCo、同時に保障も確保したいのなら変額保険。
実際のご主人の必要時保障額を確認しないと正確な回答で駅内ですが、3000万円以上確保されているのでしたら保障はある程度問題ないでしょう。
保険型で労組資産形成すると、保険料のうち一部は保障費用にになるために運用効率が悪くなります。
また年収が分からないので正確には回答できないですが、所得控除を考えると生命保険料控除より中小企業共済等掛金(iDeCo )の方が所得控除が多く節税効果は高いです。
idecoの運用書品はインデックス銘柄中心に選択すればよいでしょう。
参考にしてください

評価・お礼

ぴくさん

2021/07/27 17:20

現金の貯金が月6万、ユニットリンク1万、恥ずかしいことに貯蓄が600万ほどしかないので
夫婦のユニットリンクは一旦やめようとおもいます。
12月に2人目が産まれるので、それまでにiDeCoを勉強し、2人目が産まれてから、家庭のお金の流れがわかってから、始めたいと思います。

回答ありがとうございました。

岡崎 謙二

2021/07/28 14:40

いいえ、ぜひ明るい家庭を築てください

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6147-7147
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

お金の相談10000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

岡崎 謙二が提供する商品・サービス

その他サービス

住宅メーカー紹介サービス

大手住宅メーカーを検討されている方必見のサービス 10社から選べて大幅割引特典あり

荒川 雄一 専門家

荒川 雄一
投資アドバイザー

- good

目的に応じて、「お金の配分」を考えてみましょう!

2021/07/30 11:53 詳細リンク
(4.0)

こんにちは!“ぴく”さま。
国際フィナンシャルコンサルタントの荒川雄一です。

さて、ご質問内容拝見しました。
すでに、専門家の方の回答がありますので、ポイントだけ補足させていただきます。

まず保険は、よく言われますが、「10000が一」のために加入するものですので、逆に言えば、「9999」は何もないと考えれば、必要最低限の保証を、掛け捨てで購入し、あとはなるべく将来のための「資産形成」に向けるのが宜しいかと思います。

優先順位としては、国の制度で、税制優遇などメリットが大きい「個人型確定拠出年金(イデコ)」や「少額投資非課税制度(NISA)」の活用です。

当面は、お子様の養育、教育費がメインとなるとは思いますが、将来の公的年金のことを考えると、なるべく早く老後のための「資産形成」も始めておかれると良いでしょう。

毎月6万円貯蓄されているとのことですが、今はほとんど利息が付かないため、お子様の入学資金などを目的に、中長期で、NISA口座を用いて、投資信託などで「積立投資」を併用されるとよいと思います。

具体的には、お二人で5000円ずつイデコに加入(余裕ができたら増額)、「つみたてNISA」で2-3万円を積立投資、残り2-3万円を貯金といったバランスが、最初は良いと思います。

イデコは60歳まで引き出せませんが、NISAは入学時期などに合わせて、いつでも利用することができます。
数年後、NISAの結果を観て、貯金に比べ増えている“実感”を感じられたら、貯蓄からNISAへ増額をされてもよいと思います。

なお、「資産形成」に関しての情報収集として、以下のサイトで無料の解説動画を公開していますので、ご参考としてください。
https://www.ifa-japan.co.jp/video/

「5分でわかるNISA」、「5分でわかるイデコ」、「5分でわかる積立投資」、「5分でわかる投資信託」や「投資信託で失敗しない3つの条件」などが参考になると思います。

つみたてNISA
イデコ
NISA
投資信託
資産形成

評価・お礼

ぴくさん

2021/07/30 12:07

回答ありがとうございます。
主人のユニットリンクは死亡保険と兼ねて、継続を決めました。55歳から65歳までの団体保険がなくなり、再契約の制度がその時あるかわからないので…。
私のユニットリンクと個人年金は解約し、その分を積立NISAへ回そうと思います。私の死亡保険も55歳までですが。
もちろんiDeCoも将来的は活用したいのですが、私が3年後には働けると思うので、収入が増えしだい始めたいと思います。
2.3年以内に車の買い替えがあるので、掛け金を減らせる積立NISAで調整していきたいなぁと、考えています。

個人年金よりは、積立NISAの方がいいかなと。
税金対策率より、運用率の方がいいと思ったので

荒川 雄一

2021/07/30 12:47

評価ありがとうございます。
ご指摘の通り、利率の低い個人年金より、「つみたてNISA」を活用されたほうが、運用効率は高いと思います。
それと保険の件ですが、相続税対策等がないのであれば、死亡時の葬儀代として、300-500万円程度の終身保険を65歳までには払い込んでおくと良いと思います。終身保険は、掛け捨てではないので、将来、解約して生活資金にすることもできます。
また、万一の場合の保証は、お子様がいらっしゃるので、通常の定期保険より、収入保証といわれる遺族年金型の掛け捨て保険が、安く加入できると思います。
目安は、一番下のお子様が成人するまでの期間です。毎月10-15万円程度下りる保険に加入しておけば、公的遺族年金と合わせて、生活設計はできるのではないかと思います。
優先順位は、収入保証保険、余裕があれば終身保険です。
ご参考まで。

回答専門家

荒川 雄一
荒川 雄一
(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 代表取締役社長兼C.E.O.
03-5803-2500
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

荒川 雄一が提供する商品・サービス

その他サービス

「企業型”選択制”確定拠出年金(401k)」導入支援

中小企業及び従業員の税制メリットが大きい「選択制401k」の導入支援を行います

対面相談

投資信託「最適診断」

保有されている投資信託の診断並びにアセットアロケーションの見直し

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断をお願いします ラテコさん  2015-12-07 13:18 回答3件
相続した500万円をどう活かしていけばよいでしょうか すや2234さん  2017-03-10 09:46 回答3件
家計診断、家購入と保険について starman2016さん  2016-01-30 17:08 回答1件
家計相談お願いします。 iku19さん  2016-08-26 13:34 回答1件
家を建てたい。家計診断をお願いします。 えりんごばななさん  2015-06-11 14:47 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

上津原 章

上津原マネークリニック

上津原 章

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

女性のためのマネー相談

お金の貯め方や保険の入り方など基礎から考えましょう

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)