築60年以上の家の壁の断熱 - リフォーム・増改築 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

築60年以上の家の壁の断熱

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2018/01/29 15:30

築60年以上の家の壁を断熱しようと考えています。お金をかけたくないので素人ながら自分でできたらと思っています。
しかし、築年数のせいなのか、うち壁と外壁のあいだに断熱材を入れるようなスペースがないみたいで、うち壁の上、つまり室内を少し狭くするような形で断熱できないかと考えています。
しかし、安くて、壁に貼るから軽くて、そして結露などでカビが生えたりもして欲しくないので吸湿放湿にもすぐれた素材を探しています。
コルクなんかだといいかと思うのですが、値段が高いですし、もっと安くて軽くていい素材はないでしょうか?
また、他にもこんな方法がいいんじゃない?というご意見がありましたらそちらもお聞きしたいです。

あむろさん ( 広島県 / 女性 / 25歳 )

回答:1件

久保田 優一 専門家

久保田 優一
ガーデンデザイナー

- good

断熱材について

2018/01/30 11:32 詳細リンク
(5.0)

ご質問拝見しました。
まず断熱材の正しい使い方をしっかり知って頂いた上でお考え頂きたく順を追って書かせて頂きます。

断熱材の効果を得るために
まず断熱材はしっかりと隙間のないように埋めることが大事なポイントになります。
少しの隙間でも冬は冷気が、夏は熱気が入ってきます。
既製品を使う場合は壁一面にテープなどを使ってしっかりと埋めていくことが、とても大切です。
また築60年ですと、おそらく床、屋根裏も断熱材はないと思われますので、壁だけではなく床下と天井裏にも断熱材を入れる事をおすすめします。

もっとも温まりにくい素材は実は空気であるとう事を記憶して考えてもらえると良いと思います。


効果の高い断熱材は、どうしてもお値段も高価です。
例えば旭化成建材の ネオマファーム は大変優れた断熱材で、実際かなりの効果があります。

今回はお安くという事なので、使えないかもしれませんが、一度ご検討ください。

さて、他に安い素材をご紹介します。

1.グラスウール
冷蔵庫の断熱材にも使われています。壁、天井裏に向いています。比較的安価で軽く、見た目は細長いベビーかけ布団のような材料です。
一般的によく使われる断熱材です。
そのままでは見た目と固定がよろしくないので、上から何かカバーするものが必要です。

2.スタイロフォーム
断熱材として作られた、いわゆる発泡スチロールです。
軽くて扱いやすく、安価で手に入ります。主な用途は床下の断熱材として使われています。
こちらもカバーするものが必要になります。

3.しっくい塗り
昔から使われて来た素材です。上二つの断熱材に比べれば効果は遠く及びませんが
ある一定の断熱効果は期待できます。
調湿効果と抗菌作用がありますので、質問者様の考えられる湿気の対策には向いています。
下地が何なのかによって、そのまま塗ってくっつくか、くっつかないか変わりますので
よくお調べになってくっつくように、適した下地処理を行ってから実施して下さい。


他には効果は薄いものの例えば梱包で使うプチプチした素材とか、白っぽい緩衝材とかを窓に貼り付けると効果があります。湿気は全くダメですが。。。

同じ梱包材でもダンボールは紙の中に空気層がありますが、使えません。
理由はゴキブリが卵を産み付けやすく、一度入り込むと大変なことになるからです。



この辺りご参考に断熱材をご検討頂ければ幸いです。

しっくい
調湿効果
効果
断熱材
断熱

評価・お礼

あむろさん

2018/01/30 11:57

丁寧なご回答ありがとうございました。
参考にしながらどうにかやってみようかと思います。旭化成のネオマフォームも検討に入れていきたいと思います。

久保田 優一

2018/01/30 19:09

ご評価いただきありがとうございます。ご参考にお家が暖かくなるといいですね。
がんばってみてください。

回答専門家

久保田 優一
久保田 優一
(兵庫県 / ガーデンデザイナー)
株式会社ハヤマホーム 代表取締役
078-914-5573
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

親身になって考えるプランナー

現場の経験を元に、お一人お一人親身になってプランを考えています。長年使って頂くことを想定した設計や、作った事のない新しいデザインまで、いつも真剣です。工事はメリットもあればデメリットもあります。全て隠さず正直に伝えることが私のモットーです。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

鉄筋コンクリート住宅の屋上の防水について 鉄筋ってさん  2016-09-28 23:07 回答1件
天井裏に断熱材2重に敷くのは、暑さ対策に効果ありますか? サンダーバニーさん  2018-06-22 19:46 回答1件
住宅が浸水した場合の補修方法について フローラルさん  2015-01-27 10:33 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

新築一戸建て内覧会同行検査 インスペクション

新築一戸建ての契約前の内覧会に同行して不具合の有無を検査します。

堀 紳一朗

忘蹄庵一級建築士事務所

堀 紳一朗

(一級建築士)

その他サービス

中古一戸建ての内覧会同行検査 インスペクション

中古住宅の健康診断は売り主・買い主にとって必要です。

堀 紳一朗

忘蹄庵一級建築士事務所

堀 紳一朗

(一級建築士)

その他サービス

中古マンションの内覧会同行検査 インスペクション

中古住宅の健康診断は売り主・買い主にとって必要です。

堀 紳一朗

忘蹄庵一級建築士事務所

堀 紳一朗

(一級建築士)