手書き遺言の有効性について - 老後・セカンドライフ - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

手書き遺言の有効性について

人生・ライフスタイル 老後・セカンドライフ 2017/11/01 19:26

身内が全て他界した無職の障害者です。
現状
万が一入院となったときの保証人が確保できない状況です。
親戚とも付き合いがありませんし世代交代しており期待できません
民間の身元引き受けをして頂ける会社に問い合わせをしてみましたが障害者となると引き受けたがりません
質問
入院した時に意識がなく意志を表示できない場合および入院中の死亡時に後始末がしやすいように裁判所に遺言執行人を選定をしてもらえるような遺言書を残して役所が勧めると思われる任意後見人制度に代えることは可能ですか
また遺言書により身元引受人に代えてもらうように病院およびケースワーカー等に主張できますか

怪獣booskaさん ( 大阪府 / 男性 / 58歳 )

回答:1件

「自筆遺言」より「公正証書遺言」の方がお勧めです。

2017/11/04 16:03 詳細リンク

怪獣booskaさん はじめまして
税理士の柴田博壽と申します。
小職も東京家庭裁判所に成年後見人として登録していることから、ご質問にお答えします。
将来に備え、「成年後見人制度」を利用されること、そして「遺言」を残されるこということは重要なことかと思います。
先ず、「成年後見人」に関しては、家庭裁判所(法定後見人)以外に地区の弁護士会、司法書士会、税理士会及び社会福祉士会等を通じて選任してもらう方法があります。
また、「遺言」については、出来れば、「自筆遺言」より法的に信頼度が高いこと等の観点から、「公正証書遺言」の方がお勧めです。
ご参考になれば幸です。

家庭裁判所
公正証書
成年後見

回答専門家

柴田 博壽
柴田 博壽
(東京都 / 税理士)
所長
03-6425-7440
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

親身になってあなたの悩みにお応えします。

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

付き合いたくない友人 hirotyannさん  2015-07-07 15:31 回答3件
子供なし夫婦の住まいについて えのこさん  2014-12-16 15:05 回答6件
両親の老後 salem1418さん  2014-12-11 11:12 回答2件
お互いに再婚です。籍を入れたら何が変わりますか? あおあきさん  2016-03-16 08:33 回答1件
親子の金銭トラブル相談 ぼす林さん  2015-11-28 17:24 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

無料カナダ留学相談(一般)

カナダの最新情報を元に的確なアドバイス

末永 真一

Canadajournal

末永 真一

(留学コンサルタント)

岡村 陽介

サニー行政書士事務所

岡村 陽介

(行政書士)

対面相談

災害リスクアドバイザーによる防災・災害対策の相談

お住まいの防災対策から、中小企業の事業継続計画(BCP)まで

松島 康生

災害リスク評価研究所

松島 康生

(危機管理/BCP/防災計画コンサルタント)