3億程の資産 - お金と資産の運用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

3億程の資産

マネー お金と資産の運用 2015/06/20 14:25

株式売却で3億程度あるのですが、インフレ対策をしておらず、どの様に資産管理と運用をするべきか悩んでいます。

現在、複数会社を経営しており、年収2000万〜3000万程です。
資産的には金融資産のみで、今後の運用などをご相談したいと思っています。

HUSKさん ( 大阪府 / 男性 / 44歳 )

回答:2件

荒川 雄一 専門家

荒川 雄一
投資アドバイザー

- good

インフレ対策を念頭に置いた「プラン構築」がお勧めです。

2015/06/22 12:00 詳細リンク

はじめまして!“HUSK”さん。
国際フィナンシャルコンサルタントの荒川 雄一です。

さて、ご質問内容、拝見しました。
インフレ対策として有効なのは、やはり物価上昇や経済成長に合わせ、上昇する可能性が高い株式などの有価証券への投資が有効です。
とはいえ、株式への直接投資は、価格変動が大きくなるため、中長期的な「資産運用」を目指されるのであれば、投資信託などを用いた「ポートフォリオ運用」がお薦めです。
また、日本の経済、財政状況によっては、インフレと共に「通貨安(円安)」となる可能性もあるため、一部資金は外貨保有(運用)をされておくと良いでしょう。
ポイントとしては、いきなり金融商品を購入するのではなく、まずは「目的」に応じた運用プランをしっかりと構築することです。
経営をされていらっしゃるのでご理解頂けると思いますが、経営同様、「資産運用」も事前の計画(プランニング)が非常に重要です。
まずは、金融機関に出向く前に、「資産運用」の専門アドバイザーと、しっかりと「運用プラン」を立てることが、宜しいかと思います。

当社でも、「初回無料コンサルティング」を随時受け付けておりますので、宜しければご活用ください。
※当社は、国内外の投資信託などのファンドを用いた「資産運用」のプランニングを専門に行っている投資助言会社です。(商品販売は行っておりません)↓
http://www.ifa-japan.co.jp/form_mail3.html

なお、以下のサイトに「ポートフォリオ運用」についての記載もございますので、宜しければご参考としてください。

海外ファンドを用いた海外分散投資について
http://www.ifa-japan.co.jp/

投資信託を用いたポートフォリオ運用について
https://toushin-saiteki.com/

海外分散投資
円安
投資助言
投資信託
海外ファンド

回答専門家

荒川 雄一
荒川 雄一
(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 代表取締役社長兼C.E.O.
03-5803-2500
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

荒川 雄一が提供する商品・サービス

その他サービス

「企業型”選択制”確定拠出年金(401k)」導入支援

中小企業及び従業員の税制メリットが大きい「選択制401k」の導入支援を行います

対面相談

投資信託「最適診断」

保有されている投資信託の診断並びにアセットアロケーションの見直し

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 充巨

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

期待リターンとリスク許容度から資産配分戦略を決める様勧めます

2015/06/20 23:10 詳細リンク

HUSK様
初めまして、投資アドバイザーの吉野充巨です。
ご質問にお答えします。

会社を経営されていて、資産は金融資産のみの由、極めてシンプルな資産の保有、私はベターな方法と考えます。
∵経営されている企業の資金需要に緊急の際に、自己資金で会社への貸し出しという融通が可能だからです。資産は流動性が高いものをお選びになることで、このようなリスクに対応できます。

また、インフレへの備えは不動産や現物資産を保有しなくても、金融商品を選ぶことで対応が可能です。
例えば、現在、証券市場で買付できる上場投資信託としてREITがあり、原資産は不動産ですからインフレに対応している動産と言えます。
また、日本の個人向け国債10年変動は、元本が保証されていて、インフレ時になれば一定の割合で利率が上昇します。

また、国際分散投資を行えば、各国の景気動向の異なりに応じたリスク管理も可能です。
例えば、国内と国外への配分、債券と株式、REITと金などへの配分、そして手元に置く短期金融資産等の資産への配分を、HUSK様が期待されるリターンとリスク許容度によって決めることが出来ます。例えば、機関投資家も購入している上場投資信託=ETFをご仁氏で購入することでコストの低い資産形成が可能です。

投資の原則として重要なことは、コストへの配慮です。避けるべくは、ラップ口座やアクティブファンドを、売り手の言いなりで購入することです。

以上の観点から、下記のことをお勧めします。
1. 手軽でよみやすい、パッシブ運用の本を読む。宜しければお勧め本を紹介します。
2. ご自身の期待リターンとリスク許容度から資産配分戦略を立案する。
3. 上記資産配分に基づき、十分に分散された債券やETF・REITで、HUSK様のポートフォリオの構成を決める。
4. 当該ポートフォリオの銘柄を、時間差を充分に取って購入する。
という手順になろうかと考えます。
当該アクション計画を、商品の販売はせず・コミッションを得ない、投資助言に登録しているFPに依頼されることをお勧めします。
「売り手の利益は買い手のコスト」です。

なお、アセットアロケーションの一例として、我々の年金を管理運用しているGPIFの新旧資産配分を紹介いたします。左が低リスクの旧の資産配分、右が今年から採用した期待リターンが高いがリスクも上がった配分です。

参考となれば幸いです。

投資助言
分散投資
REIT
ETF

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

繰り上げ返済か分散投資か? 翔子さん  2015-01-27 13:51 回答3件
独身女性の住まいと資産運用について 落花生さん  2018-11-13 14:33 回答1件
未公開株の売却 せきさんさん  2018-05-07 10:58 回答1件
資産運用について ぷっちちさん  2016-10-07 17:33 回答2件
お金を守り、増やすには? がっちゃん0477さん  2015-11-18 02:38 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)
対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)