事業への課税、個人と法人の違い - 決算対策・税金対策 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

事業への課税、個人と法人の違い

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 決算対策・税金対策
経営 会計・税務

先日、これから開業をされようとしている方から質問を受けました。

「知り合いから法人で開業したほうが良いと言われたけどどうなんでしょう?」

おそらくそのお知り合いというのはご自身が法人で開業しているとか

そういう事情でお話をされたのだと思うのですが…。


開業に当たって個人で始めるか法人で始めるかは結構重要なところです。

二つの形態で課税の方式がかなり異なっているからです。

また段階をきちんと踏むことで開業後数年間の納税額に大きな影響を

与えることもあります。


個人事業者と法人の違いについて簡単なポイントを整理しておきます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

開業当初は個人事業の方が得なことが多い 高橋 昌也 - 税理士(2012/06/02 01:00)

消費税の納税義務が一旦リセットされる方法 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/26 07:00)

法人を独立させるタイミング 高橋 昌也 - 税理士(2013/04/07 07:00)

一事業に一法人の感じ 高橋 昌也 - 税理士(2013/04/06 07:00)