哲学的思考入門 (初級)その1 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師
03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

哲学的思考入門 (初級)その1

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
中沢努 「<深く考える>序開き」 抜粋

「哲学的思考」ってどんな思考か知っていますか?(・・・難しそう?)
いえいえ、哲学的思考とは、文字通り「物事を哲学的に考える」ことですが、これは別に「非日常的なこと」を「難しく考える」ものではないのです。

なぜか?

哲学的思考とは
あなたが「すでに知っているもの」や「すでに知っていること」を「敢えてもう一度考える」ことだからです。

**************************************************
休むとは何だ?
‐何もしないことだ。

では、休みの日に普段やらないことをして過ごしたら、それは休んだことにならないのか?
‐ならない。それは「平日にできないこと」を「休日とされている日にした」ということであり、「休む」こととは違う。

でも、何もしないで一日を過ごすなんてできるのか?ただ寝ていたとしても「寝る」ということをしているではないか?
‐そういうことを言っているのではない。もっと頭を柔らかくしろ。

・・・・・・・・。
‐いいか、「日常」を引きずったまま休んだところで、それは休んだことにはならないのだぞ。

お前は「日常のしがらみから離れろ」と言っているのか?
‐そうだ。「何もしない」ということは「日常を日常たらしめているあらゆるものから自分を解放させる」ことなのだ。

(中略)

俺の休日は…何から何まで「日常を日常たらしめているあらゆるもの」を引きずっている。お前の説に従えば、俺は休んでいないことになるな。ところで、そんなこといつできるようになったんだ?
‐「休むということは何もしないこと」ということを知り、そうしたいと思った時からだ。

(出典)http://profile.ne.jp/w/c-44446/

*************************************************

「休むこと」を知らない人はいません。
「休むこと」をしない人もいません。

でも「では、『休むこと』って何か?」と問われると考えてしまう。

答えたとしても、しばらくして「ん?・・・それでいいんだよね・・・???」となり、やがて「よくよく考えてみると『休むこと』って何だろうな」となる。

これが
◆ あなたが「すでに知っているもの」や「すでに知っていること」を「敢えてもう一度考える」こと、すなわち「哲学的思考」なのです。

えっ、抽象的で難しいって?

でも、「休む」ってあなたの日常の一部ですよ。
いつもやっていることなのだから、(それをやっている)あなたが一番知っているはずなのではありませんか?

身近なことをよーく考えてみると、「それって実は何だろう?」となる。
・・・不思議ですね。

多くの人が苦手なこの思考。
あしたは形而下の、もっと具体的な例(ビジネス上の話し)でやってみたいと思います。

(中沢努「<深く考える>序開き」から抜粋)

★研修、講演、コンサルティング・・・承ります★
 ・メディア掲載、評価口コミ、著書、他 http://www.pensee.co.jp/peculiarity/index.html 
 ・実績と会社概要 http://www.pensee.co.jp/aboutus/index.html
 ・筆者による資料(総目次)http://www.pensee.co.jp/archive/index.html

最新情報
http://www.facebook.com/PenseeSauvageAndCompany


【参考A】
• 12か月で学ぶ哲学用語 プラトンの「イデア」 http://profile.ne.jp/w/c-57331/
• 12か月で学ぶ哲学用語 プラトンの「ドクサ」 http://profile.ne.jp/w/c-57370/
• 12か月で学ぶ哲学用語 プラトンの「洞窟の比喩」 http://profile.ne.jp/w/c-57604/
• 12か月で学ぶ哲学用語 プラトンの「四元徳」 http://profile.ne.jp/w/c-57608/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アリストテレスの「形相」-エイドス http://profile.ne.jp/w/c-57651/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アリストテレス「観照 観想」 テオリア http://profile.ne.jp/w/c-57654/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アリストテレスの「中庸の徳」知性習性 http://profile.ne.jp/w/c-57656/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アリストテレスの「最高善」 http://profile.ne.jp/w/c-59058/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アウグスティヌス(アウグスチヌス)の「恩寵」 http://profile.ne.jp/w/c-59328/
• 12か月で学ぶ哲学用語 ストア派(ゼノン)の「アパテイア」 http://profile.ne.jp/w/c-59372/
• 12か月で学ぶ哲学用語 エピクロスの「快楽主義」-アタラクシア http://profile.ne.jp/w/c-59706/
• 12か月で学ぶ哲学用語 「普遍論争」-中世スコラ学 http://profile.ne.jp/w/c-60144/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アンセルムスの「実在論/実念論」 http://profile.ne.jp/w/c-60443/
• 12か月で学ぶ哲学用語 ロスケリヌスの「唯名論」 ノミナリズム http://profile.ne.jp/w/c-60864/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アベラルドゥスの「概念論」 http://profile.ne.jp/w/c-61100/
• 12か月で学ぶ哲学用語 ニコラス・クザーヌスの「反対の一致」 http://profile.ne.jp/w/c-61452/
• 12か月で学ぶ哲学用語 モンテーニュ「クセジュ」Que sais-je ?  http://profile.ne.jp/w/c-61773/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの「コギト・エルゴ・スム」 http://profile.ne.jp/w/c-62085/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「明証性の規則」 http://profile.ne.jp/w/c-62386/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「分析の規則」 http://profile.ne.jp/w/c-62595/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「総合の規則」 http://profile.ne.jp/w/c-63059/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「枚挙の規則」 http://profile.ne.jp/w/c-63396/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの機械論/機械論的自然観 http://profile.ne.jp/w/c-63720/
• 12か月で学ぶ哲学用語 東電社内事故調とデカルト的思考の接点  http://profile.ne.jp/w/c-64069/

【参考B】
• 哲学的思考入門 (初級)その1 http://profile.ne.jp/w/c-55321/
• 哲学的思考入門 (初級)その2 http://profile.ne.jp/w/c-55322/
• 哲学的思考入門 (初級)その3 http://profile.ne.jp/w/c-55351/
• 哲学的思考入門 (初級)その4 http://profile.ne.jp/w/c-55457/
• 哲学的思考入門 (初級)その5 http://profile.ne.jp/w/c-55567/
• 哲学的思考入門 (初級)その6 http://profile.ne.jp/w/c-56070/
• 哲学的思考入門 (初級)その7 http://profile.ne.jp/w/c-56071/
• 哲学的思考入門 (初級)その8 http://profile.ne.jp/w/c-56213/
• 哲学的思考入門 (初級)その9 http://profile.ne.jp/w/c-56368/
• 哲学的思考入門 (初級)その10 http://profile.ne.jp/w/c-56470/

【参考C】
• 084 レヴィ=ストロースの言葉を敷衍してみる http://profile.ne.jp/w/c-45930/
• 085 コギト・エルゴ・スム 懐疑なき人間は養殖魚 http://profile.ne.jp/w/c-46082/
• 086 シュライエルマッハー的精神態度 http://profile.ne.jp/w/c-46083/
• 087 「パンタ・レイ/ヘン・パンタ」と日常の本質 http://profile.ne.jp/w/c-46203/
• 088 フッサール現象学的還元/エポケーとマルクス http://profile.ne.jp/w/c-46269/
• 089 人間には格がある プラトンの人間の分類 http://profile.ne.jp/w/c-46270/
• 090 正義の立ち位置 西田の絶対矛盾的自己同一 http://profile.ne.jp/w/c-46271/
• 091 知ある無知 ドクタ・イグノランティア http://profile.ne.jp/w/c-46425/
• 092 快楽は禁欲が生む エピクロスのアタラクシア http://profile.ne.jp/w/c-46426/
• 093 人間の質は経験の質 ロックのタブラ・ラサ http://profile.ne.jp/w/c-46427/
• 094 真実とは何か? プラトンの「洞窟の比喩」 http://profile.ne.jp/w/c-46569/
• 095 出世する人はエゴイスト? カントの人間学 http://profile.ne.jp/w/c-46617/
• 096 貧困原因とヘーゲルとローザ・ルクセンブルク http://profile.ne.jp/w/c-46731/
• 097 会議の多い組織は優秀? オッカムの剃刀 http://profile.ne.jp/w/c-46733/
• 098 嘘を見抜く F・ベーコンの「4つのイドラ」 http://profile.ne.jp/w/c-46799/
• 099 倫理とは何か? デュウイ=タフツの倫理学 http://profile.ne.jp/w/c-46800/
• 100 思想に命をかけた女性 シモーヌ・ヴェーユ http://profile.ne.jp/w/c-47049/

≪お問い合わせ先≫
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー(http://www.pensee.co.jp/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「中沢努 「<深く考える>序開き」 抜粋」のコラム

このコラムに類似したコラム

営業担当者としての第一印象の重み 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/06/19 11:25)

ほんとうに それを望んでいるのは だれ? 竹内 和美 - 研修講師(2013/03/30 16:35)

心を伝えるスキルとは? 竹内 和美 - 研修講師(2013/02/02 09:26)

12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「明証性の規則」 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2011/11/14 18:00)

12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの「コギト・エルゴ・スム」 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2011/11/07 18:00)