哲学的思考入門 (初級)その4 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師
03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

哲学的思考入門 (初級)その4

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
中沢努 「<深く考える>序開き」 抜粋

哲学的思考の(その3)とは
「違う景色を見る」すなわち「視点をずらし、当初の意図とは異なる景色を見、そこから考える」ということでした。

では哲学的思考(その4)は何か?
それは、
思考の自動化スイッチをオフにする」です。

**************************************************
あるところに「事例」、それも「他社のそれ」が大好きなビジネスマンがいた。

彼はネットで他社事例を見つけると常にブックマークし、本屋では他社事例が載っているページの有無を必ずチェックした。
彼のスマートフォンはそれらの結果を蓄積した「他社事例のデータベース」と化しており、周りからも何かと頼りにされているようだった。

彼と私は勉強会の場で知り合った。
私は“知り合いの知り合いのそのまた知り合い”に頼まれ、ある企業の有志がやっている社内勉強会に講師として招かれたのだ。

私は会の幹事役の人が用意してくれた資料を使いながら参加者と一緒にディスカッションし、論点をホワイトボードに箇条書きしていった。

2つ目の話題に入った時、「あっ僕、その事例知ってます」という参加者がいた。彼だった。
私は彼に喋ってもらうことにした。

彼はスマートフォンを取り出し、人差し指を上下させながらある会社の事例を説明し始めた。

そればかりやっていると時間がなくなるので、私はその事例を依頼された会社の実態と比較するような方向に議論を進めようとした。

彼は部屋の後ろからもう一つのホワイトボードを持ってきて、自社の組織図を描き始めた。
「あれ、最新の組織図ってこれでよかったっけ?」…彼は他の出席者に尋ねた。

次に社内の実態を書き始めた。
「自分の部署については書けるけど、よその部署については知らないなあ。製造は今どうなっているの?」
「えっ、そうなんだ。知らなかったなぁ」
「総務は?」
「営業は?」

…彼の質問は続いた。

(出典)
http://profile.ne.jp/pf/pensee-tsutomu-nakazawa/c/c-44754/
**************************************************

彼の問題点は何か?と聞いたら、たぶんあなたは答えるでしょう・・・
「他社のことは知っているが、自社のことは知らないこと」と。

私はこう答えます。
「自分が見えていない」すなわち「“自社のことを知らないという自分”を“知らないまま”で“他社事例を集めていた”こと」と。

<社外のことは知っているが・・・>ときたら、<でも社内のことは・・・>と脳が自然に反応してしまう。 
そして、それが終わると「分かった感」が得られ、何となく安心する。

私たちは日常的に使っている「思考の枠」や「思考パターン」に無意識のうちに引きずられてしまうのです。
哲学的に思考したかったら、頭の中の「慣性」を止めてあげねばなりません。

哲学的思考(その4)とは
思考の自動化スイッチをオフにする」すなわち、「『思考の慣性』を止めてあげ、『もう一つの思考』を頭にさせる」ことなのです。

(中沢努「<深く考える>序開き」から抜粋)

★研修、講演、コンサルティング・・・承ります★
 ・メディア掲載、評価口コミ、著書、他 http://www.pensee.co.jp/peculiarity/index.html 
 ・実績と会社概要 http://www.pensee.co.jp/aboutus/index.html
 ・筆者による資料(総目次)http://www.pensee.co.jp/archive/index.html

最新情報
http://www.facebook.com/PenseeSauvageAndCompany


≪お問い合わせ先≫
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー(http://www.pensee.co.jp/

【参考A】
• 12か月で学ぶ哲学用語 プラトンの「イデア」 http://profile.ne.jp/w/c-57331/
• 12か月で学ぶ哲学用語 プラトンの「ドクサ」 http://profile.ne.jp/w/c-57370/
• 12か月で学ぶ哲学用語 プラトンの「洞窟の比喩」 http://profile.ne.jp/w/c-57604/
• 12か月で学ぶ哲学用語 プラトンの「四元徳」 http://profile.ne.jp/w/c-57608/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アリストテレスの「形相」-エイドス http://profile.ne.jp/w/c-57651/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アリストテレス「観照 観想」 テオリア http://profile.ne.jp/w/c-57654/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アリストテレスの「中庸の徳」知性習性 http://profile.ne.jp/w/c-57656/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アリストテレスの「最高善」 http://profile.ne.jp/w/c-59058/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アウグスティヌス(アウグスチヌス)の「恩寵」 http://profile.ne.jp/w/c-59328/
• 12か月で学ぶ哲学用語 ストア派(ゼノン)の「アパテイア」 http://profile.ne.jp/w/c-59372/
• 12か月で学ぶ哲学用語 エピクロスの「快楽主義」-アタラクシア http://profile.ne.jp/w/c-59706/
• 12か月で学ぶ哲学用語 「普遍論争」-中世スコラ学 http://profile.ne.jp/w/c-60144/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アンセルムスの「実在論/実念論」 http://profile.ne.jp/w/c-60443/
• 12か月で学ぶ哲学用語 ロスケリヌスの「唯名論」 ノミナリズム http://profile.ne.jp/w/c-60864/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アベラルドゥスの「概念論」 http://profile.ne.jp/w/c-61100/
• 12か月で学ぶ哲学用語 ニコラス・クザーヌスの「反対の一致」 http://profile.ne.jp/w/c-61452/
• 12か月で学ぶ哲学用語 モンテーニュ「クセジュ」Que sais-je ?  http://profile.ne.jp/w/c-61773/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの「コギト・エルゴ・スム」 http://profile.ne.jp/w/c-62085/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「明証性の規則」 http://profile.ne.jp/w/c-62386/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「分析の規則」 http://profile.ne.jp/w/c-62595/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「総合の規則」 http://profile.ne.jp/w/c-63059/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「枚挙の規則」 http://profile.ne.jp/w/c-63396/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの機械論/機械論的自然観 http://profile.ne.jp/w/c-63720/
• 12か月で学ぶ哲学用語 東電社内事故調とデカルト的思考の接点  http://profile.ne.jp/w/c-64069/

【参考B】
• 哲学的思考入門 (初級)その1 http://profile.ne.jp/w/c-55321/
• 哲学的思考入門 (初級)その2 http://profile.ne.jp/w/c-55322/
• 哲学的思考入門 (初級)その3 http://profile.ne.jp/w/c-55351/
• 哲学的思考入門 (初級)その4 http://profile.ne.jp/w/c-55457/
• 哲学的思考入門 (初級)その5 http://profile.ne.jp/w/c-55567/
• 哲学的思考入門 (初級)その6 http://profile.ne.jp/w/c-56070/
• 哲学的思考入門 (初級)その7 http://profile.ne.jp/w/c-56071/
• 哲学的思考入門 (初級)その8 http://profile.ne.jp/w/c-56213/
• 哲学的思考入門 (初級)その9 http://profile.ne.jp/w/c-56368/
• 哲学的思考入門 (初級)その10 http://profile.ne.jp/w/c-56470/

【参考C】
• 084 レヴィ=ストロースの言葉を敷衍してみる http://profile.ne.jp/w/c-45930/
• 085 コギト・エルゴ・スム 懐疑なき人間は養殖魚 http://profile.ne.jp/w/c-46082/
• 086 シュライエルマッハー的精神態度 http://profile.ne.jp/w/c-46083/
• 087 「パンタ・レイ/ヘン・パンタ」と日常の本質 http://profile.ne.jp/w/c-46203/
• 088 フッサール現象学的還元/エポケーとマルクス http://profile.ne.jp/w/c-46269/
• 089 人間には格がある プラトンの人間の分類 http://profile.ne.jp/w/c-46270/
• 090 正義の立ち位置 西田の絶対矛盾的自己同一 http://profile.ne.jp/w/c-46271/
• 091 知ある無知 ドクタ・イグノランティア http://profile.ne.jp/w/c-46425/
• 092 快楽は禁欲が生む エピクロスのアタラクシア http://profile.ne.jp/w/c-46426/
• 093 人間の質は経験の質 ロックのタブラ・ラサ http://profile.ne.jp/w/c-46427/
• 094 真実とは何か? プラトンの「洞窟の比喩」 http://profile.ne.jp/w/c-46569/
• 095 出世する人はエゴイスト? カントの人間学 http://profile.ne.jp/w/c-46617/
• 096 貧困原因とヘーゲルとローザ・ルクセンブルク http://profile.ne.jp/w/c-46731/
• 097 会議の多い組織は優秀? オッカムの剃刀 http://profile.ne.jp/w/c-46733/
• 098 嘘を見抜く F・ベーコンの「4つのイドラ」 http://profile.ne.jp/w/c-46799/
• 099 倫理とは何か? デュウイ=タフツの倫理学 http://profile.ne.jp/w/c-46800/
• 100 思想に命をかけた女性 シモーヌ・ヴェーユ http://profile.ne.jp/w/c-47049/

≪お問い合わせ先≫
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー(http://www.pensee.co.jp/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「中沢努 「<深く考える>序開き」 抜粋」のコラム

このコラムに類似したコラム

味125 5月5日 ひらく風味 越智 昌彦 - 研修講師(2010/05/31 17:28)

現役感覚 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/09/19 11:25)

変化を意識して起こす 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/06/15 11:11)

人は上を見て育つ 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/04/18 10:54)

話すと書くという行為 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/03/10 10:26)