12か月で学ぶ哲学用語 ニコラス・クザーヌスの「反対の一致」 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師
03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

越智 昌彦
越智 昌彦
(研修講師)
長谷川 進
(経営コンサルタント)
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

12か月で学ぶ哲学用語 ニコラス・クザーヌスの「反対の一致」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
哲学用語

哲学用語:反対の一致
哲学者:ニコラス・クザーヌス(ニコラウス・クザーヌス)(1401 ― 1464)

「経済に政府は必要だ」と声を大にする「ケインジアン」がいます。
一方で「そんなものは不要だ」と声を大にする「古典派やマネタリスト」がいます。

「もう原発はいらない」と声を大にする「原発反対派」がいます。
一方で「いや原発は必要だと」と声を大にする「原発賛成派」人がいます。

「コンプライアンス実現には厳罰化/精緻化した規則が必要だ」と声を大にする「規則大好き派」がいます。
一方で「精緻化したルールなど形骸化するだけだ」と声を大にする「規則嫌悪派」がいます。

これらの「なんとか派」の多くを見ていると哀れというか、可笑しくなってきます。
まったくもって「ことの本質」を外しているからです。

◆ 経済には政府による介入も必要だし、市場の自由性も必要です。
◆ 原発に反対しようと賛成しようと、電力は必要です。
◆ 規則やルールの有無に関わらず、コンプライアンス違反はいけません。

そう、白と黒の両方が「部分的に正解」なのです。

なのに「なんとか派」の多くは自説の優位性を説き、相手を打ち負かすことばかりに執着している。
自説が「絶対に正しい」なんて言えないのに「自説の絶対性」を主張しようとしています。

ニコラス・クザーヌスは「絶対に最大なものは対立しない」と言いました。
円と(円の)中心の点は異なるもので対立するが、円を極限まで小さくすれば両者は一致するし、三角形とただの直線は異なるもので対立するが、三角形の底辺を極限まで伸ばせば両者は一致する。
・・・要するに「対立するもの同士を極限まで追い込んでいくと、両者は一致してしまう」と考えたのです。

クザーヌスは「極限(無限)の存在=神」と説きました。

経済も原発もコンプライアンスも人間界の問題ですから、「反対は反対」であり、対立するもの同士の「完全は一致」は見られないかもしれません。

でも・・・。

-自説の絶対性を主張する「白」と自説の絶対性を主張する「黒」の双方を極限まで伸ばしていけば、最後は両者が一致する。-
私たちもクザーヌスの主張に耳を傾け、安易な二元論や安っぽい二項対立に陥らないように気をつければ、もう少し生産的で健全な議論が行われるのではないかと思うのです。

(中沢努「12か月で学ぶ哲学用語」から抜粋)

◆ この解説は筆者が原典や学術書を読み漁り自分なりに理解した内容を記したものであり、ビジネスパーソンを対象に書いたものです。
◆ 用語のアカデミックな説明は、学術的専門書等を参照して下さい。

★研修、講演、コンサルティング・・・承ります★
 ・メディア掲載、評価口コミ、著書、他 http://www.pensee.co.jp/peculiarity/index.html 
 ・実績と会社概要 http://www.pensee.co.jp/aboutus/index.html
 ・筆者による資料(総目次)http://www.pensee.co.jp/archive/index.html

最新情報
http://www.facebook.com/PenseeSauvageAndCompany


【参考A】
• 12か月で学ぶ哲学用語 プラトンの「イデア」 http://profile.ne.jp/w/c-57331/
• 12か月で学ぶ哲学用語 プラトンの「ドクサ」 http://profile.ne.jp/w/c-57370/
• 12か月で学ぶ哲学用語 プラトンの「洞窟の比喩」 http://profile.ne.jp/w/c-57604/
• 12か月で学ぶ哲学用語 プラトンの「四元徳」 http://profile.ne.jp/w/c-57608/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アリストテレスの「形相」-エイドス http://profile.ne.jp/w/c-57651/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アリストテレス「観照 観想」 テオリア http://profile.ne.jp/w/c-57654/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アリストテレスの「中庸の徳」知性習性 http://profile.ne.jp/w/c-57656/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アリストテレスの「最高善」 http://profile.ne.jp/w/c-59058/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アウグスティヌス(アウグスチヌス)の「恩寵」 http://profile.ne.jp/w/c-59328/
• 12か月で学ぶ哲学用語 ストア派(ゼノン)の「アパテイア」 http://profile.ne.jp/w/c-59372/
• 12か月で学ぶ哲学用語 エピクロスの「快楽主義」-アタラクシア http://profile.ne.jp/w/c-59706/
• 12か月で学ぶ哲学用語 「普遍論争」-中世スコラ学 http://profile.ne.jp/w/c-60144/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アンセルムスの「実在論/実念論」 http://profile.ne.jp/w/c-60443/
• 12か月で学ぶ哲学用語 ロスケリヌスの「唯名論」 ノミナリズム http://profile.ne.jp/w/c-60864/
• 12か月で学ぶ哲学用語 アベラルドゥスの「概念論」 http://profile.ne.jp/w/c-61100/
• 12か月で学ぶ哲学用語 ニコラス・クザーヌスの「反対の一致」 http://profile.ne.jp/w/c-61452/
• 12か月で学ぶ哲学用語 モンテーニュ「クセジュ」Que sais-je ?  http://profile.ne.jp/w/c-61773/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの「コギト・エルゴ・スム」 http://profile.ne.jp/w/c-62085/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「明証性の規則」 http://profile.ne.jp/w/c-62386/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「分析の規則」 http://profile.ne.jp/w/c-62595/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「総合の規則」 http://profile.ne.jp/w/c-63059/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「枚挙の規則」 http://profile.ne.jp/w/c-63396/
• 12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの機械論/機械論的自然観 http://profile.ne.jp/w/c-63720/
• 12か月で学ぶ哲学用語 東電社内事故調とデカルト的思考の接点  http://profile.ne.jp/w/c-64069/
【参考B】
• 哲学的思考入門 (初級)その1 http://profile.ne.jp/w/c-55321/
• 哲学的思考入門 (初級)その2 http://profile.ne.jp/w/c-55322/
• 哲学的思考入門 (初級)その3 http://profile.ne.jp/w/c-55351/
• 哲学的思考入門 (初級)その4 http://profile.ne.jp/w/c-55457/
• 哲学的思考入門 (初級)その5 http://profile.ne.jp/w/c-55567/
• 哲学的思考入門 (初級)その6 http://profile.ne.jp/w/c-56070/
• 哲学的思考入門 (初級)その7 http://profile.ne.jp/w/c-56071/
• 哲学的思考入門 (初級)その8 http://profile.ne.jp/w/c-56213/
• 哲学的思考入門 (初級)その9 http://profile.ne.jp/w/c-56368/
• 哲学的思考入門 (初級)その10 http://profile.ne.jp/w/c-56470/

【参考C】
• 084 レヴィ=ストロースの言葉を敷衍してみる http://profile.ne.jp/w/c-45930/
• 085 コギト・エルゴ・スム 懐疑なき人間は養殖魚 http://profile.ne.jp/w/c-46082/
• 086 シュライエルマッハー的精神態度 http://profile.ne.jp/w/c-46083/
• 087 「パンタ・レイ/ヘン・パンタ」と日常の本質 http://profile.ne.jp/w/c-46203/
• 088 フッサール現象学的還元/エポケーとマルクス http://profile.ne.jp/w/c-46269/
• 089 人間には格がある プラトンの人間の分類 http://profile.ne.jp/w/c-46270/
• 090 正義の立ち位置 西田の絶対矛盾的自己同一 http://profile.ne.jp/w/c-46271/
• 091 知ある無知 ドクタ・イグノランティア http://profile.ne.jp/w/c-46425/
• 092 快楽は禁欲が生む エピクロスのアタラクシア http://profile.ne.jp/w/c-46426/
• 093 人間の質は経験の質 ロックのタブラ・ラサ http://profile.ne.jp/w/c-46427/
• 094 真実とは何か? プラトンの「洞窟の比喩」 http://profile.ne.jp/w/c-46569/
• 095 出世する人はエゴイスト? カントの人間学 http://profile.ne.jp/w/c-46617/
• 096 貧困原因とヘーゲルとローザ・ルクセンブルク http://profile.ne.jp/w/c-46731/
• 097 会議の多い組織は優秀? オッカムの剃刀 http://profile.ne.jp/w/c-46733/
• 098 嘘を見抜く F・ベーコンの「4つのイドラ」 http://profile.ne.jp/w/c-46799/
• 099 倫理とは何か? デュウイ=タフツの倫理学 http://profile.ne.jp/w/c-46800/
• 100 思想に命をかけた女性 シモーヌ・ヴェーユ http://profile.ne.jp/w/c-47049/

≪お問い合わせ先≫
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー(http://www.pensee.co.jp/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「哲学用語」のコラム

このコラムに類似したコラム

余人をもって代えがたい人材 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/10/10 08:41)

閉塞感を取り除くために何をしますか? 竹内 和美 - 研修講師(2013/08/02 11:04)

あしたには「咲く」!・・・ってね 竹内 和美 - 研修講師(2013/07/31 21:51)

朝から、頑張りました! 竹内 和美 - 研修講師(2013/06/05 11:35)

自由な発想が楽しさを生む 竹内 和美 - 研修講師(2013/05/17 13:08)