映画館の子供たち - 人事労務・組織全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

映画館の子供たち

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 人事労務・組織全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験

  うちの子がまだ幼稚園か小学校低学年の頃なので、もうずいぶん前になりますが、子供を連れて映画館に行った時の話です。

 

  映画が始まる前に子供をトイレに連れて行ったのですが、トイレの入り口でドアを押さえて待っている小学3、4年ぐらいの男の子がいました。ずいぶん前から押さえているので、誰か知り合いでも通るのかと思っていたら、うちの子供が通るのを確認してドアから手を放し、向こうへ行こうとしています。どうもうちのチビが入ってくるのを遠くから見ていて、待ってくれていたようです。「あれ?うちの子に・・・」とちょっとびっくりして「どうも有難う」と声をかけましたが、男の子は照れ臭かったのか、目も合わせずに行ってしまいました。

 

  その後、席に座って映画が始まるのを待っている時、一つ前の列に中学生ぐらいの女の子たちのグループがやってきました。一人の子が席に座ってすぐに振り向き、後ろに座っていたうちに子に「ちゃんと見える?大丈夫?」と声をかけてくれました。「大丈夫だよ。有難う」と私が言うと、彼女たちは仲間同士で「あっ、でもあんたの方が背低いから場所変わろうよ」などと気を遣ってくれました。

 

  よく「今どきの子は・・・」などと言われますが、こんなに良い子たちが沢山いるんだと、その当時、とても感心、感激したのを覚えています。人の様子を気遣い、実際に行動に移すというのは、大人でもできるようでなかなかできないことですが、そういう事をきちんとできる子供たちがいるのです。「今どきの子も捨てたもんじゃないな」と思ったのを覚えています。

 

  できる子とできない子で何が違うのか、確かなことはわかりません。親の教育、学校の指導、本人の能力や性格、その他の周辺環境など、いろいろ考えられるでしょう。

 

  一つだけ確かなのは、決めつけやレッテル貼りだけはすべきでないということです。「どうせ今どきの子は・・・」という大人の先入観で、子供たちの能力や才能の芽を摘んでいることが沢山あるように思います。

  企業人事に関わる立場で考えてみると、実は会社のような大人の世界でも同じように、決めつけやレッテル貼りが人の成長を妨げているのかもしれません。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

「余裕」と「ムダ」の境目(2016/09/13 08:09)

このコラムに類似したコラム

自主性と強制 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2010/12/27 00:00)

オフィス環境から見える社風や雰囲気 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2013/08/12 08:00)

本音でついつい出てしまう“上から目線”の言葉 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2013/08/05 08:00)

「規則正しく」も良いけれど・・・。 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2013/06/17 08:00)

「無気力なリーダー」はどうして無気力になったのか 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2013/06/03 08:00)