身体的な状態が精神に与える影響 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

身体的な状態が精神に与える影響

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は将棋の日です。

滅法弱いです。

 

経営者と身体能力についてお話をしています。

アレクサンダー・テクニークについて、人間の癖や習慣の観点からお話をしています。

 

生きているだけで蓄積されていく膨大な量の癖や習慣は、少しずつ自分の身心を痛めつけていきます。

例えば極端な例ですが、日常的に背中が丸まって下を向いている人は、精神的な疾病を発症しやすいのだそうです。

そのような方について、1番簡単に出来る治療法は、投薬でも精神的な励ましでもなく

 

◯背中をまるめるのを止めて、前を向くようにすること

 

色々と方法を考える前に、姿勢を正常に戻してしまった方が手っ取り早いのだとか。

大きな災害があったとき、多くの人がつらい気持ちを味わい、下を向きがちになります。

そのような姿勢が継続されると、震災に関連する二次的な死亡や発病が起こるようです。

その防止を考えるのであれば、そういう精神状態を発露しやすいような姿勢を正せば良い、ということになります。

 

アレクサンダー・テクニークは、先生とのセッション内においてそういう癖に気が付いていきます。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

武芸の同時性(2017/08/20 07:08)

伝達の精度(2017/08/19 07:08)

このコラムに類似したコラム

死を想う 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/13 07:00)

戦場とはどこのことなのか? 高橋 昌也 - 税理士(2016/12/12 07:00)

なんとなく拡大を目指していないか? 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/25 07:00)

自分自身による拘束から解放される 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/21 07:00)

なおすのではなく、やめる 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/19 07:00)