なんとなく拡大を目指していないか? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

なんとなく拡大を目指していないか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は金型の日です。

新製品の回転が早いと、金型もあっというま陳腐化が・・・

 

経営者と身体能力についてお話しをしています。

アレクサンダー・テクニークという技術から、事業を潰さないための方法論について。

 

「特殊な業界などない」「特殊でない業界などない」というのは、小さな仕事を続けていく上で本当に大切な考え方だと思っています。

特殊性という甘美な言葉に逃げ込むことは簡単なのですが、その先に待っているのは緩慢とした死です。

生き残るためには、自己の状態に気持ちを向け、動き続けなければなりません。

 

もう一つ、小さな事業を続けていくためには大切な観点があります。

それは自社事業の規模です。

 

事業規模については、意図的に拡大する方もいれば、なんとなく過ごされている方もいます。

その中で1番怖いのは、なんとなく拡大していくケースでしょうか。

なんとなく拡大し、なんとなくそれを目指し、気がつくと手に負えなくなり、最後は全てがダメになり・・・といった例が少なくないようです。

 

目指すべき事業の規模について、自分なりの認識があった方が死ににくいのかな、ということは税理士業をしていて強く感じることです。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

事業承継のこと(2017/08/22 07:08)

武芸の同時性(2017/08/20 07:08)

伝達の精度(2017/08/19 07:08)

このコラムに類似したコラム

死を想う 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/13 07:00)

戦場とはどこのことなのか? 高橋 昌也 - 税理士(2016/12/12 07:00)

判断をしないことの重要性 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/28 07:00)

生活と事業 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/26 07:00)

自己規定がもたらす罠 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/23 07:00)