「適材適所」と「個人のキャリア」を合わせる難しさと大切さ - 人事労務・組織全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「適材適所」と「個人のキャリア」を合わせる難しさと大切さ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 人事労務・組織全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験

 今ごろの時期は、年度末の人事異動がそろそろ落ち着いてきたか、中にはこれから新たな部署で本格的な始動という人もいるのかもしれません。

 

 この人事異動の際によく言われるのは、「適材適所」ということです。言葉の意味を調べると、「その人の適性や能力に応じて、それに ふさわしい地位・仕事に就かせること」とあります。組織の機能化、効率化を進める上で、「適材適所」というのは重要な要素だということでしょう。

 

 人事異動にはいろいろな種類があります。役割が変わる部分では、昇格も降格もありますし、部署異動や仕事内容の変更においては、栄転も左遷も横滑りもあります。

 組織にとって大切な「適材適所」も、個人の立場からすれば不本意なことがたくさんあり、まさに翻弄されている感じがしますが、それは結局のところ、「適材適所は他人が決めること」だからです。

 個人のキャリアをどうするかよりも、組織の都合が優先される訳ですが、組織に属している限りは、これもやむを得ないことでしょう。

 

 このような人事異動が受け入れられてきた大きな理由には、終身雇用をはじめとする雇用の維持と、年次とともに役職や給料が上がる年功序列の前提があります。多少の無理強いであっても、最後は会社がどうにかしてくれるから、言いなりに受け入れておけば良いという部分がありました。

 

 ただ、最近はこの前提を維持することが難しくなってきています。また、社員の側もそれがわかってきていますから、不本意な仕事に対しては、それを受け入れずに転職という選択をする人も増えています。

 

 にもかかわらず、人事異動に関する会社側の意識は、組織の都合優先の「適材適所」から脱していないように思います。もっと組織の都合と個人のキャリアを合わせて行かなければ、様々な弊害が出てきます。

 個人のキャリアに注目しない異動を繰り返すことで、キャリア意識を持った優秀な人材が社外に流出し、自分のキャリアを人任せにしている意識の低い人材が社内に残りやすくなります。社内価値しか持たないゼネラリストや、専門範囲が狭すぎるスペシャリストが増える恐れがあり、会社が活用しづらい人材を次々と生み出しているようなことになりかねません。

 

 最近は、「自社に必要な人材要件を見極め、その選抜や能力開発を戦略的に進める取り組み」として、「タレントマネジメント」が注目されています。

 組織で考える「適材適所」と「個人のキャリア」を合わせるのは難しいことですが、その重要性はこれからもますます増していきます。そのことはしっかりと認識する必要があると思います。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

当事者では気づきづらい組織風土の問題をアドバイス。同テーマ商品の対面相談版です。

料金
6,000円

「今一つ元気がない」「何となく一体感がない」など、職場の風土や雰囲気に関する悩みについては、当事者しかわからない事情とともに、当事者であるために気づきづらい事もあります。これまでのコンサルティングで、活気を維持する、活気を失う、活気を取り戻す、という様々な事例、プロセスを見た経験から、会社状況に合わせた原因分析、対策をアドバイスします。(同テーマのメール相談を、より詳細に行うための対面相談です)

【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

このコラムに類似したコラム

「管理職になりたくない」はそんなにダメか? 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2017/05/16 08:00)

年を重ねた上での名誉欲の理由 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2016/03/01 08:00)

「個」に注目しなければ成り立たない時代に 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2015/05/19 08:00)

組織改編のせいで行動することを避ける社員たち 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2015/03/17 08:00)

定期異動の功罪 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2011/12/05 06:00)