背景その2:高齢化の進行と富の偏在 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

背景その2:高齢化の進行と富の偏在

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はバイオリンの日です。
バイオリンといえばシズカちゃんかマスオさんかなぁ…。

遺言書についてお話をしています。
相続税の増税に併せて遺言書の重要度が高まりました。

次の背景は高齢化です。
少子高齢化の進行は近年常に話題となっています。
また、統計的には高齢者が多くの財産を抱えていることがわかっており、その偏在を解消することも大きな課題とされています。

財産を抱えた高齢者がこれから亡くなっていく。
もし財産を受け取る下の世代がいるとして、その分配についてなんの指針もないとなると、当然トラブルは増えます。

この点について、もう少し深く掘り下げてみます。
まず「相続税と相続の違い」について。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

呼吸(2016/12/02 07:12)

このコラムに類似したコラム

地方都市でこそ問題になりそう 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/31 07:00)

遺留分(いりゅうぶん)という考え方 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/09 07:00)

税金がなくてもトラブルは起こる! 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/29 07:00)

相続税の試算をしておくこと 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/27 07:00)

背景その1:相続税の増税 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/26 07:00)