相続税の試算をしておくこと - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続税の試算をしておくこと

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はモルドバの独立記念日です。
昨日はアフリカ、次は旧ソ連領ですね。

遺言書についてお話をしています。
相続税の増税に併せて遺言書の重要性が高まってきました。

ただし、遺言書を有効に使えるためには大前提があります。
それは相続税の試算です。

昨日も触れましたが、相続税では「誰が何をもらうのか?」によって大きく税額が変わってきます。
つまり生前に相続税の試算を行い、誰がどうやって遺産を受け取るのか検討をした上で遺言書を書いた方が良いということです。

その辺りを考慮せずに遺言書でやたらと分配の指示をしてしまうと、結果的に相続税が高くついてしまう可能性もあります。
相続税負担の軽減を狙って遺言書を作るのであれば、必ず相続税の試算は行うようにして頂きたいです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

呼吸(2016/12/02 07:12)

このコラムに類似したコラム

仲が悪いまま死を迎えると… 高橋 昌也 - 税理士(2014/11/16 07:00)

遺留分(いりゅうぶん)という考え方 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/09 07:00)

なんでも好きな様に残せる!というわけでもない 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/08 07:00)

遺言書の役割は交通整理 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/05 07:00)

生前の分配や寄与について 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/04 07:00)