昭和の建物って、何か良いですね。 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

代表取締役
茨城県
建築家
0299-24-1343
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

昭和の建物って、何か良いですね。

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産

ご売却依頼を受けました。

以前当社で隣家を購入頂いたお客様なのですが、その後新しい家を見つけたので

今回同時に売却したいとのことでした。

 

建物が古いので価値はないだろうとのことだったのですが一応建物を拝見することに

しました。

 

昭和47年頃の平屋建ての物件なのですが、築年数から行くと解体かなという気も

します。

中に入ると床をリフォームしたせいかクタクタ部分も少なくて・・・

個人的に何かいい感じです。

 

玄関ドアやガラスの模様も。。。今では無いものですよね。

大きさもちょうど2LDKとなっているし、トイレは最新のものにリフォームされて

いるんです。

ただ、ドアは木製の昔のもの。。。なんですよね。

 

昭和47年というと新耐震基準前なのですが、この震災でも全くの無傷っていう

くらい壁も損傷なしなんですよ。

 

ただ、屋根は古いので少し雨漏りしたようなのですが、これも手入れをすれば

全く問題ないようです。

 

窓周りの木部分に一部腐りも見えますが、これ・・・壊すの勿体無いですよ。

リフォームをしてこのまま利用してくれそうな方を見つけた方が良いのでは

と思っています。

 

ドアも古臭いし気密性も悪そうですし、隙間風も凄そうで今の家と真逆の家といった感

じさえするのですが、とても懐かしさを感じますね。

 

私はとても気に入ってしまいました。

昭和の平屋の家って、何か良いですよね。。。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(茨城県 / 建築家)
代表取締役

ちょっとした工夫で将来動線にも対応。長期快適な暮らしのご提案

今から将来を見据えて、最初にちょっとした施工工夫を加えてみませんか。「地震に強い」は当然として、省エネや老後・将来の経年改良など最初に工夫して、「将来のコスト負担を出来るだけ減らす」をご提案。知恵を絞って限られた予算の中で最善を尽くします。

0299-24-1343
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「不動産」のコラム

土砂災害警戒区域(2014/08/26 12:08)

真夏の案内(2014/08/10 12:08)

3.11後を思い出しました。(2014/03/21 12:03)

物件調査で痛恨のミス(2014/01/18 12:01)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 家を建てる前に知っておきたいこと/茨城で家を建てる人

「家を建てる」その前に勉強しておくこと。

料金
無料

家を建てる・買う前に「最低限知っておくべきと思うこと」を計4回にまとめました。住宅取得に関する注意事項は多岐にわたりますが、その中でも最低限知っておいてもらいたいことを事前準備として一緒に勉強しましょう。

家を建てる前に知っておきたいこと/茨城で家を建てる人

このコラムに類似したコラム

【任意売却】査定は大切 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2013/02/19 22:45)

売却前のリフォームは効果的? 楯岡 悟朗 - 不動産コンサルタント(2012/06/14 13:03)

戸建を売却する方必見!「建物調査付き仲介」セミナー6月開催! 畑中 学 - 不動産コンサルタント(2011/05/14 18:08)

囲い込み、おとり広告 山田 大史 - 代表サポーター(2016/11/27 10:10)

任意売却の相談場所 山田 大史 - 代表サポーター(2016/10/18 08:31)