土砂災害警戒区域 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

代表取締役
茨城県
建築家
0299-24-1343
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

土砂災害警戒区域

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産

今回の広島の土砂災害は最悪のものとなってしまいました。

これまでも地形的に多くの土砂災害はあったようですが、

今回は規模が違ったようです。

私も毎日テレビを見ていますが、とても胸が痛いです。

 

今回はこの警戒区域についてのお話です。

不動産の契約前の重要事項説明では、「都市計画法・建築基準法以外の

法令に基づく制限の概要」というところで、今回の件に関するような説明の

箇所があります。

 

沢山ある中で「急傾斜地法」「地すべり等防止法」などがありますかね。

比較的最近では津波災害警戒区域や土砂災害警戒区域の部分も追加されて

います。

 

※以前の営業地域ではこの辺の調査も行っていましたが、ここに来てからは

先ず無いです。

ほとんど平野ですから。。。

 ただ、県内では200か所以上の警戒区域が指定されているそうです。

 

例えば転勤で新しい地域に行った時は、全く何も分かりませんからね。

物件を買ったり借りたりするときに、このような説明があると無いとでは

自身の警戒が全く違ったものとなりますから、この辺はとても良いと思いました。

 

私は以前セカンドハウスのコラムでこの辺の事について触れています。

が・・・既に居住されているものについてはどうすることも出来ません。。。

 

同じような土砂災害は過去にも今年に入っても多く起こっていますが、

都市部ではそのようなことは起こらないのでは?と思っている人も多かった

と思います。

どこか他の地域の出来事であり、まさか自分の地域でこれだけのことが

起こるとは・・・考えることも無かったと思います。

 

ここに竜巻が来ても・・・私は全くそんなことを考えたことはありません。

 

特に今回は被災地に土砂災害警戒区域の指定がされていなかった所も

あるようです。

この地域に指定されてないからと言って安心できないということですね。

これは行政が悪いということでは無くて、それ以上の異常気象の問題だとも

言えます。

 

長い時間をかけてこのような災害を繰り返して今の地形になっているので、

自然を前にしてこれらを災害の無いように変更するということは無理な事でしょう。

減災はある程度可能だとしても、これらは災害があった場所を優先させてゆくもの

と思いますが、そのような地域は沢山ありますからね。

 

ご先祖様から受け継いだ土地であれば、この地域を離れることは大変難しいこと

なので・・・この辺が難しいところですよね。

 

ただ、平野は平野で竜巻があったり、特に最近急激に増えていますよね。

 

どこが安全とも言えないと思いますので、動ける人は動いた方が良いのかなと

も思います。

 

危険区域に入っていなくても災害が起こったということは、不動産の説明だけで

なく、最終的にはご自身の判断が非常に重要かと思います。

特に数年すると忘れてしまいますからね。

他人事ではないということは忘れてはいけないのかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(茨城県 / 建築家)
代表取締役

ちょっとした工夫で将来動線にも対応。長期快適な暮らしのご提案

今から将来を見据えて、最初にちょっとした施工工夫を加えてみませんか。「地震に強い」は当然として、省エネや老後・将来の経年改良など最初に工夫して、「将来のコスト負担を出来るだけ減らす」をご提案。知恵を絞って限られた予算の中で最善を尽くします。

0299-24-1343
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「不動産」のコラム

真夏の案内(2014/08/10 12:08)

3.11後を思い出しました。(2014/03/21 12:03)

物件調査で痛恨のミス(2014/01/18 12:01)

中古住宅の売却(2013/12/16 12:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 家を建てる前に知っておきたいこと/茨城で家を建てる人

「家を建てる」その前に勉強しておくこと。

料金
無料

家を建てる・買う前に「最低限知っておくべきと思うこと」を計4回にまとめました。住宅取得に関する注意事項は多岐にわたりますが、その中でも最低限知っておいてもらいたいことを事前準備として一緒に勉強しましょう。

家を建てる前に知っておきたいこと/茨城で家を建てる人

このコラムに類似したコラム

物件情報のイロイロ【ハザードマップ】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/03/31 11:42)

物件情報のイロイロ【犯罪マップ】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/03/29 17:09)

囲い込み、おとり広告 山田 大史 - 代表サポーター(2016/11/27 10:10)

~嬉しかったこと~ 不動産ドクター 鈴木 豪一郎 - 宅地建物取引主任者(2016/09/18 11:07)

任意売却のメリット 山田 大史 - 代表サポーター(2016/08/06 09:05)