貯金・家計キャッシュフローの専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

貯金・家計キャッシュフロー の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

宮下 達裕

保険アドバイザー

お客様に有利な保険をご提案することが私の使命です。

保険会社によって、得意分野があるのをご存知でしょうか?医療保険が強い会社もあれば、煙草を吸う方にやさしい会社もあります。そんな保険会社の特徴を活かし、保険…

宮下 達裕

専門家が投稿したコラム

50歳、どうする老後資金準備?

  50歳、子供の教育費や住宅ローンで貯金がない方が多いのではないでしょうか。ただ、退職まで10年、または15年しか時間がありません。預金金利も金利がないのと同じです。今後どうしたらいいのでしょうか。60歳の時に夫婦二人で3000万円ということをよく耳にしますが、もし3000万円を60歳の時までに10年間で貯めるには毎年いくら貯めないとならないのでしょうか。300万円です。月にすると25万円。ほと...

辻畑 憲男
執筆者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

シルバー世代の小遣い30年前より少なく

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、渡辺です。 日本経済新聞の記事によると、60~74歳のシルバー世代の小遣いは30年前よりも少ない。博報堂生活総合研究所の調査でこんな結果が出た。2016年の月平均の小遣い額は2万6820円で、1986年2万8830円と比べると、2010円少なかった。 また、生活について聞くと『先の見通しが暗い』と答えた人が半数近くを占...

渡辺 行雄
執筆者
渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

ネット銀行が預金金利を下げない訳

 日銀のマイナス金利政策が発表されてから、メガバンクなどがすぐに普通預金を限りなくゼロにしたのとは対照的に、ネット銀行は今現在も普通預金や定期預金の引き下げは行っていません。 まず考えられるのが、メガバンクなどと比較して預金量が絶対的に少なく、コスト削減などで何とか対応できるということが考えられます。 次に、この機会に預金金利でアピールすることで、新規顧客を獲得したいという思惑も強いでしょう。今ま...

沼田 順
執筆者
沼田 順
ファイナンシャルプランナー

電子マネー利便性さらに向上!

ファイナンシャルプランナーの大間武です。 Suica(スイカ)、ICOCA(イコカ)、PASMO(パスモ)、Edy(エディ)、WAON(ワオン)、nanaco(ナナコ)など電子マネーの種類が多彩となっています。 最近は電子マネーの利便性を向上させるべく利用店舗を増やそうとして様々な提携の動きが出てきております。そのような中、2015年11月10日付の各種新聞にWAON(ワオン)が2015年12月1...

大間 武
執筆者
大間 武
ファイナンシャルプランナー

高齢者住みよい国 日本は世界8位

皆さんこんにちは、 個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動している渡辺です。   日本経済新聞の記事によると、高齢者の生活環境を調査するヘルプエイジ・インターナショナルは、 高齢者が暮らしやすい国の2015年の順位を発表し、 日本は世界で8位だつた。 寿命の長さや高齢者の健康状態などへの評価が高かった。   総合1位はスイス、2位はノルウェーと欧州諸国が上位を占めた。 ...

渡辺 行雄
執筆者
渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

サービス

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

カテゴリ:貯金・家計キャッシュフロー

料金:10,800(税込)

場所:福岡県福岡市中央区

久保 逸郎

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

ファイナンシャルプランニング電話相談

ちょっと電話で聞ければいいんだけどという方に。

カテゴリ:貯金・家計キャッシュフロー

料金:無料

場所:---

渡辺 博士

渡辺 博士

(ファイナンシャルプランナー)

キャッシュフロー表作成

あなたの家計を見える化しませんか?

カテゴリ:貯金・家計キャッシュフロー

料金:5,400(税込)

場所:---

高橋 成壽

高橋 成壽

(ファイナンシャルプランナー)

専門家が投稿した写真・作品

FP向けセミナー(大阪)ライフプランを通じ子ども達に伝えたい

2012/01/09 15:38
下村 啓介
(ファイナンシャルプランナー)

「青色申告」に関するまとめ

  • 多くの特典がある青色申告。白色申告と青色申告の違いや青色申告の特徴、条件などを知って賢く節税を!

    フリーランス、個人事業主の方の確定申告には青色申告と白色申告の2種類があります。違いを知って申告していますか? 青色申告には最高65万円の特別控除を受けることが出来る青色申告特別控除の制度があります。複式簿記で帳簿を付けている方以外でも10万円の青色申告特別控除が受けられます。 その他に損失分の繰越控除、減価償却の特例、家族への給与が必要経費として計上出来たり等、事業を続ける上でプラスな特典が受けられます。 白色申告をしている方も2014年(平成26年)1月から全ての白色申告者に記帳と帳簿保存が義務化されました。せっかく帳簿をつけるなら青色申告に切り替えた方がお得かも!? 白色申告と青色申告の違い、青色申告をするための方法、青色申告のデメリットなどの正しい知識を身につけて税金対策をしませんか?

「節税」に関するまとめ

「マンション売却」に関するまとめ

  • 貯金・家計キャッシュフローに関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積