経営者様の使命 僕には夢がないという若者の夢創り - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

経営者様の使命 僕には夢がないという若者の夢創り

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大

昨日、とある場所で、上司と部下らしき若者が話している場を目撃しました。


時折り、耳に入ってくる会話の中に、若者の「僕には夢がないんです。」というのが聞こえてきました。


一見すると、30歳前後の男性の若者です。


実は、この言葉を耳にするのは初めてではありません。


営業支援をしている場で、何度か耳にしたことがあります。


「僕はバブルを知らない。社会人になってから、ずっと、不景気で、とくにやりたいこともない。」


「会社の将来や仕事に対して、とくに希望も期待もしていない。」


「仕事が面白いと感じたこともないし、とくに感動したこともない。仕事とは、そんなものだと思っている。」


これらは、複数の会社の社員の生の声です。


そのほとんどは、30歳前半以下で、これから30年以上、働かなければならない若者です。


お陰様で私は、営業という仕事に不満が無く、ついこの間までの会社生活で、1件の受注が嬉しくて仕方がありませんでした。


自分が、種をまいて、そこから引合や問合せがきて、商談をつめて、受注になる。


そして、その後のフォローで、お客様の期待以上の結果を確認して、リピートをもらう。


また、時には、自分のお客様で使用中の商品で不具合が発生して、すぐお客様まで飛んで行って、自分ひとりでは解決できないと判断すると、夜中でも本社のスタッフを呼びつけ、翌朝には解決したこともありました。


本社スタッフが動けない場合には、何度か往復1000kmの道程を、深夜に客先と本社を往復したこともありました。


この行動の裏には、お客様からの「助かった。」「ありがとう。」という言葉が聞きたかったから、というのがあります。


この言葉を聞くために、仕事をしていたと言い切れます。


そして、本社のスタッフにも「君のお陰で、助かったよ。お客様も対応には満足してくれた。」と報告します。


そして、スタッフに「嬉しいね。」というと、スタッフから「嬉しいです。頑張った甲斐がありました。」という言葉をもらい、感動を共有していました。


これは、私の以前の業界だけでしか味わえないものでは、決してありません。


どんな業界でも、似たようなケースが存在するはずです。


私が、営業支援している会社の社員(若者とは限りません)には、感情を素直に表わしなさいと指導しています。


注文をもらったら、心から「うれしいです。」


競合他社に負けて悔しいと感じたら、お客様に向かって「くやしいです。今後、どうしたら注文がもらえるのですか。」


もっと些細なことなら、対面して良い話が聞けたら「良い話が聞けました。」「勉強になりました。」「楽しかったです。」


そして、最後に「ありがとうございました。」


を、口にするように言っています。


まずは、この仕事を選んで良かったと思わせるのは、先輩社員、いや経営者様の使命だと思いませんか。





営業人材教育、施策立案、進捗管理、モチベーションアップについてのご用命は、お気軽にどうぞ。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社CSプランナー 代表取締役

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこと(客、商品)に2割の力を入れることで業績を上げ続けることができます。

このコラムに類似したコラム

経営者様必見 月次目標は全勝より2勝1敗を求めよう。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/11/14 12:20)

経営者、経営幹部必見 営業で当り前のこと 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/09/04 11:17)

ご無沙汰しました。今、関西の飲食店を支援しています。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/09/12 05:10)

【最幸ビジネスモデル】信頼とは。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/07/30 10:53)

事業を継続させるには、売上アップか、経費節減しかありません。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/03/26 18:13)