10月の料理基礎講座のお知らせ - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

10月の料理基礎講座のお知らせ

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室
10月の料理基礎講座のご案内
10月18日(木)19日(金)10:30より

今月はまずエスカルゴのブルゴーニュ風Escargots a la bourguignonneを作ります。
伝統的でクラシカルな前菜です。

エスカルゴの中でも、ブルゴーニュのぶどうの葉っぱを食べて育ったブルゴーニュ産エスカルゴが最上とされます。
これをにんにくとパセリがいっぱいの「エスカルゴバターbeurre d'escargots」と一緒にエスカルゴの殻に詰めて、オーベンへ。ぐつぐつと言い始めたら、出来上がりです。
専用の容器と専用のフォークを使います。
この日は、バターがあんまりにもおいしくてパンがすすむので、パンはいつもより多い目に用意しなければなりません!

主菜はうずらです。

(イメージ)これはちょっと違う料理の写真ですが・・・

うずらにベーコンを巻き、ローストにします。ソースはマッシュルームをたくさん使って。
フランスのうずらは飼育されたもの(日本は廃用鳥なのだそうです。ちょっと切ない・・)で、とても柔らかくておいしいものです。
昔は、メインのときは1人2羽と習いましたが、最近は1羽で十分。お昼なら半身でもよいかもしれません。


デザートはそろそろでてくる洋梨を使って、クラシックな定番デザート、洋梨のベレレーヌPoires
Belle-Heleneを作ります。
洋梨の「麗しのエレーヌ」風というような意味でしょうか。麗しのエレーヌとはオペレッタの名前で、美しいエレーヌさんという意味。初演で大成功を収めたことに敬意を表して作られたのだそうです。
洋梨とヴァニラアイスクリームとチョコレートの温かいソースで構成されます。間違いのない組み合わせです。


ご興味ある方、ぜひどうぞ。
10月18日(木)19日(金)10:30より
受講料:9500円
どうぞお気軽にご参加ください。(定期講座も単発的にご参加いただけます)お問い合わせはigrek@yukitsukamoto.comまでどうぞ!

このコラムに類似したコラム

「今月のフランス焼き菓子」記事はバカンスのお菓子 塚本 有紀 - 料理講師(2013/08/15 23:08)

4月の料理基礎講座のご案内 塚本 有紀 - 料理講師(2012/04/03 23:16)

「源平いも」とは 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/22 00:53)

重たい(けどおいしい)チーズケーキ 広島ポワヴリエ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/12 22:12)

りんごのタルトクラシック講座のお知らせ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/11 17:33)