フロマージュ・ブランと赤いベリーのタルト講座にて - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

フロマージュ・ブランと赤いベリーのタルト講座にて

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室


フロマージュ・ブランと赤いベリーのタルト講座にて

今日はたくさんのベリー類を使って、夏用のジュレ固めのタルトを作ります。

フランスでは、赤いベリー類の総称として、「フリュイ・ルージュfruits rouge(赤い果物)」という呼び名があります。いちご、フランボワーズ、グロゼイユ(房スグリ)、ブルーベリー、ブラックベリー、カシスなどなど。黒いのも入りますが、まとめて赤い果物なのです。
たとえば日本なら柑橘類のようなくくり。オレンジもみかんもレモンも、スダチも柚子も柑橘類です。

初めてフリュイ・ルージュののったケーキを見たとき、なんてかわいいのかと心揺さぶられました。そしていつしか、どんなケーキも適当にこのフリュイ・ルージュをどかどかっとのせておけば、それなりに素敵に見えることを発見。最近ではなんて便利なのか!とも思います。

今日はフランボワーズ、ブルーベリー、カシス、グロゼイユをさっと煮て、ジュレにして固めます。少しフランボワーズのオー・ド・ヴィ(蒸留酒)を香らせます。

底にはフロマージュ・ブランのムースを詰めています。
フロマージュ・ブランは牛乳に酵素を加えて発酵。熟成させる前に水分を切ったフレッシュ・チーズです。料理にお菓子に、頻繁に使われる素材です。

フロマージュ・ブランの他には、イタリアンメレンゲ、パータ・ボンブ、泡立てた生クリーム・・とちょっと手のかかるムースですが、その分おいしいのも確かです。

タルトも無事出来上がり、試食し、マンゴーソルベも食べて一息ついたとき。
「わあ、食べてしまった!」
生徒さんに振り分けようと思っていた生のフランボワーズを、半分食べてしまっていたのでした・・。

このコラムに類似したコラム

フォレノワールとチョコレート 2月の製菓基礎講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/02/19 22:02)

ミヤスはういろう!? 7月の米粉講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2012/07/06 23:05)

おいしいけれど、残り香りが・・・ 3月の料理基礎講座 塚本 有紀 - 料理講師(2012/03/19 23:01)

千歳烏山「ヴィエイユ・フランス」へ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/05 23:19)