オーナー社長によくある相続対策 - 税金全般 - 専門家プロファイル

大手町会計事務所 代表税理士
東京都
税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

オーナー社長によくある相続対策

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般
税金

中小企業では、オーナー社長が自分の会社に

お金を貸し付けているケースがよくあります。


平時であれば特に問題ないのですが、

相続となった場合、

会社に貸し付けたお金は、

「貸付金」として相続財産になるのです。


回収などあまり考えず、

会社経営していることが多いですが、

ひとたび、相続となるとこれが厄介です。


そもそも財産性があるのかどうかも疑わしいのですが

相続財産として申告するケースが多いかと思います。


この悩ましい「貸付金」を解消する方法として


1.債権放棄

2.DES

3.債権譲渡など


がよく利用されます。


債権放棄は一番楽なのですが、

会社サイドで債務免除益として

利益が計上されてしまうのが難点です。


繰越欠損金がたくさんあればいいのでしょうが

優良企業の場合、そのまま課税されてしまいます。


かなりの力技の節税対策が必要になってきます。


このようなことがないように、

なるべく貸付金など残さないように

普段から経営するに越したことありません。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

【急募 在宅ワーク求人】(2017/06/02 13:06)

【売り案件】調剤薬局(2017/02/23 19:02)

このコラムに類似したコラム

相続税対策に分離型信託は面白い 大黒たかのり - 税理士(2013/10/09 11:09)

平成29年度税制改正大綱 設備投資促進税制の拡充 大黒たかのり - 税理士(2017/01/06 10:00)

平成29年度税制改正大綱 所得拡大促進税制の見直し 大黒たかのり - 税理士(2017/01/05 14:48)

税制改正大綱2 大黒たかのり - 税理士(2013/12/16 12:48)

政治家の相続税対策 大黒たかのり - 税理士(2013/10/17 12:39)