なぜ続かない?営業施策 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

なぜ続かない?営業施策

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大
営業支援をしていると、折角、効果が出ているのに、その施策を止めてしまうクライアント様を見かける。


理由は色々あるが、多くが忙しくて手が廻らない(他のことができない)というものだ。


確かに、効果がある施策といっても、10件やって10件とも効果があるなんてことはありえない。


今時、1割、2割の反応があれば、効果が上っている方だ。


ということは、100件施策を実行して、10件~20件しか反応がない、ということだ。


その中の何割かが、受注に結びつくのが普通だ。


そして、現在の売上のベースに、それが上乗せになる。


最初は、わずかの上乗せの売上が大きくなって、現在ベースの売上を逆転するようになっていく。


それが、継続して業績を上げる唯一の方法だ。


ユニクロ、楽天、ソフトバンクを見て欲しい。


常に新しいこと、事業、ニュースを発信している。


新しいこと(施策)をしなければ、売上が低迷するのは、誰の目から見ても明らかだ。


既存のことで忙しいなら、過去のやり方で効果のないことを止め、新たな施策を継続できるようにすべきだ。







営業戦略立案、施策の見直しについてのご相談は、お気軽にどうぞ。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社CSプランナー 代表取締役

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこと(客、商品)に2割の力を入れることで業績を上げ続けることができます。

このコラムに類似したコラム

貴社の強みは、お客様から。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/05/17 19:16)

40年間、ほぼ毎年伸び続けている企業のヒミツ? 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/09/18 06:55)

付加価値 液晶事業が厳しい理由 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/05/15 08:32)

検証は、自信を持たせる。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/01/18 19:46)

良いのは、当たり前。(目の前の)お客様にとって、どこが良いのか。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/12/17 18:52)