良いのは、当たり前。(目の前の)お客様にとって、どこが良いのか。 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

良いのは、当たり前。(目の前の)お客様にとって、どこが良いのか。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大
営業支援をしていると、「とにかく(他より)良い。」ので売って欲しいと依頼されます。


食べ物なら、「(他より)美味しい。」


商品なら、「(他より)性能が良い。」とか「(他より)扱い易い。」


個人の能力なら、「何でもできる。」とか「経験、知識が豊富。」


もちろん、そういった自信がなければ採用してもらうことはできません。


「まずい。」「性能が悪い。」「扱いが面倒。」「できない。」「分からない。」なんて言って、売れているなんて聞いたことがありません。


他より、というのは、必ず比べるものがある、ということです。


では、何と比べて何が良いのですか。


それは、(対象の)お客様にとって、どう良いのですか。


お客様の立場で聞いて、納得できる具体的な内容ではないことが多いのです。


他よりの「他」は、相手が知っている、そう感じているものでなければ伝わりません。


(対象の)お客様にとっては、お客様のことを知らなければ、自己満足に終ってしまいます。


それぞれに、具体的に説明できるように、相手(同業他社、お客様)を徹底研究、具体的に書き出して下さい。


そして、お客様になって、納得できるものになっているか、実際に口にして確認してみて下さい。


これが、中小、大手有名企業に関わらず、意外にできない企業様が多いのが残念です。




商品、サービスのアプローチブックを作成します。お気軽にご相談下さい。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社CSプランナー 代表取締役

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこと(客、商品)に2割の力を入れることで業績を上げ続けることができます。

このコラムに類似したコラム

営業は当たり前を面白く 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/11/09 09:43)

貴社の強みは、お客様から。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/05/17 19:16)

良い製品より、市場がある商品! 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/05/10 17:26)

目標の設定の仕方 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/02/02 11:03)

目標の設定の仕方 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/02/02 11:50)