独立行政法人住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)任意売却 - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年10月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

独立行政法人住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)任意売却

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却









独立行政法人住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)


の住宅ローン破綻の場合は


任意売却を推奨しています。




6ヶ月以上支払が出来なくなると


期限の利益を喪失して


窓口銀行から、


独立行政法人住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)へ


書類が戻され、


債権回収会社へ回収業務が委託され


その委託された債権回収会社から、


任意売却か?


競売か?


の通知が届きます。




この債権回収会社からの通知を無視していると


最終的には競売を選択したことと同じことになり


担保不動産開始決定通知が届くことになります。




一方「任意売却」を選択すると


窓口になる不動産業者を自分で選択するか


そのような心当たりの不動産業者を知らなければ


債権回収会社が不動産業者を斡旋することになります。


この時注意しなければならないことは


債権回収会社が斡旋する不動産業者よりも


自分で探した自分の為に動いてくれる


任意売却専門業者に依頼することをお勧めします。




何故なら、


債権回収会社が用意した不動産業者は


債権回収会社へ有利になるような任意売却をします。


これは至極当たり前の話です。




独立行政法人住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の


返済に困ったら、差し押さえや競売になる前に


わたしまで相談してください。


任意売却制度により、あなたに有利に解決できます!!!


相談や依頼は無料です!!!


このコラムに類似したコラム

住宅ローン破産の場合の給与の差押 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/12/18 07:59)

任意売却をすると給料は差押えれれますか? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/22 08:49)

任意売却することが目的ではない 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/15 06:00)

連帯保証人の妻の口座は差し押さえされたり・・・ 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/10/14 08:39)

Q:3任意売却すると銀行口座は差押えられますか? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/09/19 06:42)