収益物件という言葉の多様化 - 会社設立全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会社設立

碇谷 賢祐
碇谷 賢祐
(行政書士)
小竹 広光
(行政書士)

閲覧数順 2021年10月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

収益物件という言葉の多様化

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会社設立
  3. 会社設立全般
経営 経営実践

おはようございます、今日は競馬の日です。
ファン層の掘り起こしで色々と工夫している業界のひとつですね。


自著『高校生からはじめる投資のはなし』について。
動画配信もはじめました!


活動拠点があることとオンラインの連携ができること。
この強みはこれからますます強まってくるのではないかと思います。


いわゆる「収益物件」という言葉は、基本的に「売却」や「賃貸」が想定されてきました。
しかしこの一年ほどで、あらゆる不動産物件が事業所として機能するようになってきました。
こうなると、収益物件という言葉の持つ意味も、大きく変化してきます。


クラウドという言葉が使われだして、そろそろ10年くらい経つのでしょうか?
当時はネット上でのみ使用される概念でした。
しかし現在の社会は、すでに現実空間まで含めてクラウド化が進んでいるように感じています。


事業所が一箇所に集約されず、各地に分散されながら、総体で大きな活動をする。
このような状態であれば、自分が使える場所で事業を行えば、それも立派な収益物件と言えるのではないかと。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

分けにくさ「小」:現預金(2021/10/20 07:10)

相続対策と相続税対策(2021/10/17 07:10)

このコラムに類似したコラム

オンラインとの連携 高橋 昌也 - 税理士(2021/09/15 07:00)

いわゆる「不動産投資」の最近 高橋 昌也 - 税理士(2021/09/18 07:00)

維持コストと収益のバランス 高橋 昌也 - 税理士(2021/09/17 07:00)

触覚、嗅覚、味覚など 高橋 昌也 - 税理士(2021/08/20 07:00)

バーチャル化のために必要なものは? 高橋 昌也 - 税理士(2021/08/19 07:00)