本来の株式投資のスタイル - 会社設立全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会社設立

小竹 広光
(行政書士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2021年04月14日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

本来の株式投資のスタイル

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会社設立
  3. 会社設立全般
経営 経営実践

おはようございます、今日はタイヤの日です。
タイヤの性能も、年々向上し続けているそうですね。


自著『高校生からはじめる投資のはなし』について。
動画配信もはじめました!


出資を通じた運用手法のひとつ、株式の売却について。
株式投資と言うと、一般的には上場企業の株式を、市場を通じて売買することだと思われているようです。


しかし、本来の出資(株式投資)を考えてみると、実はご紹介しているような手法が


・本筋としての株式投資


このように理解すべきなのではないかな?と考えています。


何かしらの事業について、その成長性をしっかりと見極める。
実際に出資をした後、企業の成長をしっかりと見守り、ときにサポートする。
そして成長をした後、出資を売却して利益を得て、その事業から離れていく。


昨今の言葉で言えば、ベンチャーキャピタルとかエンジェル投資家と呼ばれるような仕組みです。
なんだか特殊なことをやっている人のように思えますが、もともと株式会社が成立したころを考えると、
むしろこちらが本流なのではないかな?と。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

情報がすべてを握る(2021/04/12 07:04)

このコラムに類似したコラム

選定眼が問われる 高橋 昌也 - 税理士(2021/04/09 07:00)

ただし、相応の覚悟をすること 高橋 昌也 - 税理士(2021/04/14 07:00)

IPO、事業者として一番の腕試しと言えるかも 高橋 昌也 - 税理士(2021/04/13 07:00)

情報がすべてを握る 高橋 昌也 - 税理士(2021/04/12 07:00)

企業売買が一般化しつつある昨今 高橋 昌也 - 税理士(2021/04/11 07:00)