お礼とお詫びを伝える習慣から教える - 対人力・コミュニケーション研修 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
小坂 淳
(ウェブ解析士マスター)

閲覧数順 2019年04月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お礼とお詫びを伝える習慣から教える

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ビジネススキル研修
  3. 対人力・コミュニケーション研修
プロとして生きる! キャリアを磨こう

かつては、家庭の中での教育だったことでも、

今は、職場で指導、教育しなければならないことはたくさんあります。


その一つが、

お礼「ありがとうございます」

と、

お詫び「申し訳ないことをしました」

の2つを伝えるという躾です。

身が美しいという漢字を宛てる「躾」。

できれば、その人の人柄を美しく伝えますが、

できない人が多く、とても残念です。


考察するなら、叱られる機会が減っているので、お詫びの仕方がわからない。

詫びたら負けだと思う人もいるのではと、我が事務所のスタッフは観察しています。

お詫びしたくらいで、勝ち負けが決まるのかと、びっくりします。

負けるが勝ちという言葉は、もはや死語なのかとも思います。


躾とは、習慣化です。

理屈で考えるとか、理論的にどうするかということではなく、

体に覚えさせることです。

時間はかかると思いますが、

お礼を言う、

お詫びを言うという指導を、避けないようにしたいものです。

但し、謝れ!!と、感情的に言わないように。

これは、パワハラとして訴えられかねませんので、注意しながら指導しましょうね。




カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「プロとして生きる! キャリアを磨こう」のコラム

このコラムに類似したコラム

信頼関係を作る挨拶 竹内 和美 - 研修講師(2018/03/26 10:03)

変える 下枝 三知与 - ビジネススキル講師/カウンセラー(2013/11/16 16:20)

職場のコミュニケーション 仕事ができていない部下には 竹内 和美 - 研修講師(2013/01/03 11:15)

★☆JETプログラム☆★ クルツ ウーリッヒ - 英語講師(2012/08/02 13:45)

女性客はここを見ている うえた さより - マーケティングプランナー(2012/04/23 08:00)