コミュニケーション手段の使い分け - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2018年11月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

コミュニケーション手段の使い分け

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
経営戦略

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はコミュニケーション手段についてのお話です。

ビジネス現場における、コミュニケーション手段の使い分けの重要性を感じる機会が増えているように感じる。

言い換えれば、コミュニケーション手段の適切な使い分けができていないと感じる機会が増えているということでもある。

少なくともプライベートと同様の感覚で、ビジネス現場のコミュニケーションを捉えてはいけないということである。

スマホやネットやSNSといった手段にばかり依存していてはいけないということである。

時には直接顔を合わせたり、正式な文書という手段を使うことも必要なわけである。

これからのAI時代になると、ますますこのような相手に対する配慮というものが求められるようになるかと思う。

そこが人という経営資源の価値なのかもしれない。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

産業交流展2018のご紹介(2018/10/26 10:10)

競争環境(2018/10/05 10:10)

成果に対する評価(2018/08/14 09:08)

このコラムに類似したコラム

AI人材不足 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2018/02/20 09:25)

AIによる与信審査 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2018/01/30 08:36)

量と質 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2017/12/06 09:44)

量で満足 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2017/10/05 10:02)

新規テクノロジーやフレームワークの導入状況 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2018/09/17 10:36)