「リーダーに必要な3つの目」が一人でそろわなければつなぎ合わせればよい - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)

閲覧数順 2018年08月14日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「リーダーに必要な3つの目」が一人でそろわなければつなぎ合わせればよい

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 私の思い・考え

 すでに聞いたことがある人は多いと思いますが、特にリーダーには、物事の見方としての3つの目、「鳥の目」「虫の目」「魚の目」が必要だと言われます。

 

「鳥の目」は、大所高所からマクロ的、大局的に物事全体を把握する俯瞰の目、

「虫の目」は、物事に近づいて様々な角度から細部を見つめる複眼の目、

「魚の目」は潮の流れのような周りの変化、時代の流れのようなものを敏感に感じ取る目、

ということです。

 

 経営者をはじめとした組織のリーダーは、この3つの目をバランスよく持っていることが欠かせないと言われますが、そんなリーダーが十分に育っているかといえば、残念ながらどの会社でもそういう状況ではありません。

 多くの場合、自分の身の回り以外の視点は欠けがちで、要は「虫の目」はあっても、他の二つが不足している、さらには、自分に身近な「虫の目」ですら怪しいという人もいます。

 

 この広い視野が欠けやすい要因には、もちろん本人の能力的な問題もありますが、他にもいろいろなことが考えられます。

 例えば、そういう視点を要求されない、そのための情報がない、目先のことの優先度が高い、などということです。

 

 「鳥の目」は周辺事情まで含めた大局的なこと、「魚の目」は市場動向やこれからのトレンドなどといった中長期的な将来に向けた視点ですが、これらが欠けてしまうのは、結局は自分に直接関係がないので、その視点を持つ必要性が希薄だからです。

 

 「リーダーは3つの目をバランスよく持つ意識が必要だ」とは言うものの、こんな環境があることを考えると、ただ本人に意識しろと言うだけでは、事態はあまり改善しないでしょう。

 

 私が思うのは、リーダー自身が「3つの目」を身につける努力をするのは当然として、やはりその人によって得意な視点があるということです。

 ある人は「鳥の目」は鋭いが、大ざっぱで「虫の目」が苦手、またある人は、トレンドに敏感で「魚の目」は優れているが、全体の位置づけを見る「鳥の目」が欠けているなど、人ぞれぞれの得意不得意があります。

 

 確かに優秀なリーダーは、この「3つの目」をすべて兼ね備えていて、多少の得手不得手はあっても、そのすべてが一定以上のレベルにあります。ただ、世の中にいるリーダーの多くがそうなることは、なかなか難しいと思います。

 

 組織の目的は、属している者の協力でシナジーを生むことですから、何でも一人でやる必要はありません。「鳥の目」「虫の目」「魚の目」という3つの目も、それぞれが得意な視点を発揮して、それをつなぎ合わせれば良いことです。

 

 リーダー自身がそれを身につける努力をすることは前提として、その一方で、一人が「3つの目」のすべてを兼ね備えるのは難しいということも、同じように前提として考える必要があるのではないでしょうか。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

当事者では気づきづらい組織風土の問題をアドバイス。同テーマ商品の対面相談版です。

料金
6,000円

「今一つ元気がない」「何となく一体感がない」など、職場の風土や雰囲気に関する悩みについては、当事者しかわからない事情とともに、当事者であるために気づきづらい事もあります。これまでのコンサルティングで、活気を維持する、活気を失う、活気を取り戻す、という様々な事例、プロセスを見た経験から、会社状況に合わせた原因分析、対策をアドバイスします。(同テーマのメール相談を、より詳細に行うための対面相談です)

【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

このコラムに類似したコラム

『女性活躍推進』には 根本 雅子 - 経営コンサルタント(2014/08/11 20:12)

おお~いいね!・・・無料招待券の取り扱い態度がとても素敵なスタッフ 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/03/27 06:28)

減点より加点法で生きる 竹内 和美 - 研修講師(2015/02/22 15:05)