9.11から16年 これからの住宅に求められるもの - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

9.11から16年 これからの住宅に求められるもの

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
安心住まいのキーポイント

同時多発テロ9.11から早いもので16年が経ちました。

現在は北朝鮮情勢が不安定だったり、アメリカのハリケーンで多くの被害が出たりと平穏に暮らせる環境が危ぶまれてますね。

昨日は小田急線沿線での火災が電車に燃え移る事故もありました。


日本の住宅は世界の中でも「耐震性」に優れ、防火・準防火地域では「耐火性」にも優れている方ですが、一方では安全なお国柄から「防犯性」には非常に緩いと感じています。


海外の玄関ドアは二重になっているのを映画やドラマでご覧になっているかたも居られると思いますが、日本ではテレビドアホンに頼りすぎる一面もありますね。


2020年の東京オリンピックまで訪日外国人誘致で様々な人(人種という意味ではなく善人・悪人の種別)が日本にやってきます。


社会的弱者である高齢者や障がい者住宅は、より防犯性と災害時の避難安全性が求められますので、私もより一層のアイディアを設計に反映させてまいりたいと思いますv


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

子育て住宅から高齢者・障がい・車椅子住宅までやすらぎの空間を

医者に外科・内科等があるように、建築士に介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?人生100年時代を迎えた今、子育て住宅から高齢者・障がい・車椅子住宅など終の棲家まで、ライフステージを考えた安心して暮らせる機能的な住まいを一緒に創りましょう

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「安心住まいのキーポイント」のコラム

冬のアレルギーとエアコン(2017/11/20 09:11)

コンクリート工事完了(2017/11/06 09:11)

帰省中の防犯(2017/08/14 08:08)

地盤調査と杭工事(2017/07/03 07:07)

このコラムに類似したコラム

先週はスウェーデン大使館へ 齋藤 進一 - 建築家(2017/12/11 13:00)

中間検査(特定工程2回目)終了 齋藤 進一 - 建築家(2017/09/18 07:00)

外構工事をやっています。 信戸 昌宏 - 建築家(2018/04/12 12:00)

8月度YAHOO!知恵袋への回答 齋藤 進一 - 建築家(2017/08/21 07:00)

ドローン買ってみました。 信戸 昌宏 - 建築家(2017/05/20 12:00)