年金受給資格期間が25年から10年に短縮 - 老後資金・セカンドライフ設計 - 専門家プロファイル

有限会社アイスビィ 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:年金・社会保険

森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2019年07月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

年金受給資格期間が25年から10年に短縮

- good

  1. マネー
  2. 年金・社会保険
  3. 老後資金・セカンドライフ設計
ライフスタイル リタイアメント

先日、無年金者対策として年金受給資格期間を現状の25年から10年に短縮する法案が閣議決定されました。今回の措置により受給資格を得る人が約64万人増える事になるそうです。

それに伴い必要な予算は約650億円。一体、何処から出すんでしょうかね?

では、短縮されたからと言って10年加入で幾ら年金が支払われるのかですが、現状の年金額から試算すると40年間丸々、保険料を納めた人で年額780,100円(月額65,008円)です。

それに対して10年だけの人は幾らになるのかですが195,025円(月額16,252円)となります。

有るか無いか分からない様な金額ですね。

結論から言うと結局は、10年収めた程度では生活なんて出来ず65歳以上も働くか自助努力で私的年金でも掛けるしか生活する道は無いと言えますね。

個人的のは、将来の高齢化社会を考えたら若い世代に負債を先送りして押し付けるのでは無く、制度自体を自分で払った分を自分で運用し貰える制度に変更した方が遥かに良いと思います。誰が考えても将来の人口分布から考え制度自体は破綻してますからね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフスタイル」のコラム

年金を68歳に引き上げ?(2018/10/16 11:10)

平均寿命が過去最高を更新(2018/07/20 20:07)

介護保険料率を引き上げ(2014/01/14 20:01)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 女性のためのマネー相談

お金の貯め方や保険の入り方など基礎から考えましょう

料金
2,000円

経済環境の悪化に伴う公的年金の問題や、ご自身の病気、ケガなど普通に生活していても最近は不安だらけですね。
少しでも、その不安を和らげる為にもお金に対する正しい知識を身につけましょう。

女性のためのマネー相談

このコラムに類似したコラム

ねんきん定期便(50歳未満)でわかる、将来もらえる公的年金額 久保 逸郎 - 老後のお金の不安解消アドバイザー(2018/08/28 10:08)

今さら聞けない!年金の受給は何歳から? 大間 武 - ファイナンシャルプランナー(2018/08/17 01:31)

年金の「繰り上げ受給」と「繰り下げ受給」比較 三島木 英雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/14 17:39)

3号被保険者は確定拠出年金に加入すべき? 三島木 英雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/09/17 12:48)

年金・社会保障はどうすればよいか 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2016/07/29 16:32)