「ピントがずれた積極性」の扱いづらさ - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
長谷川 進
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2017年10月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「ピントがずれた積極性」の扱いづらさ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験

 最近耳にすることが多い企業内の人材に関する悩みは、「消極的で自分から行動することが少ない」「受け身」「指示待ち」という話です。

 

 少し抽象的なニュアンスで“自律人材”や“人間力”といったキーワードが出てきますが、要は「もっと自分から行動を!」ということのようです。

 できることならいちいち指示をしなくても、自分で決めることと上司に相談することを適切に切り分け、自己判断のもとに行動ができるという人材が、望ましい人物像なのだと思います。

 

 しかし、これはある会社で伺ったお話ですが、自分から積極的に行動し、自分からどんどん働きかけては来るものの、「適切な判断」という点で問題がある人材がおり、この人の上司がおっしゃっていたのは、「消極的な方がよっぽど良い」ということでした。どう指導するかということにかなり苦労している様子でした。

 

 この人は、他人からの指示を待たずにとにかく自分から動き、周囲に対しても「ああしましょう、こうしましょう」と、自らいろいろな提案や働きかけをしてくるようです。

 しかし残念ながら、そのどれもが今一つピントがずれているそうです。そのためにその人の提案を採用したり、仕事上の判断を任せたりということはなかなかできないそうです。

 

 お話を聞いて思ったのは、「行動しない人を動かすより、行動する人を制御する方が難しい」ということです。

 

 行動が消極的な人は、指示しなければ動かない代わりに、よけいなことをする懸念は少なくてすみます。

 やるべきことが理解できていないために行動できないことはもちろんありますが、頭は働いていてやるべきことはある程度理解しているものの、慎重になりすぎていて行動できないという部分が数多くあります。行動する後押しをして、それがパターンとして身に付けば、その後はある程度自分から行動することができるようになります。

 

 一方、自分から積極的に行動するがピントがずれている人は、そもそもやるべきことの理解や結果の想定など、考えていなかったり考え自体が浅かったりすることが多いように感じます。

 また、何をどこまでするかを周囲から見極めきれないところがあり、上司が気がついた頃には先走って取り返しがつかなくなっていたり、話がおかしな方向に進んでいたりします。途中経過が報告されればよいですが、ピントがずれているので、そのあたりもままなりません。

 

 本人は、何が悪いのかを今一つ理解できていないので、何かことが起こる度に、考え方や行動の仕方をその都度指導するしかありません。また、先回りして行動を止めるようなことも必要になるので、上司も気が気ではありません。

 

 前者は考えていること自体はそれほど間違っておらず、本人の意識や自信の問題も大きいので、経験させれば比較的早く解決することがありますが、後者は考え方や方法が間違っている訳ですから、業務能力そのものの問題になります。指導するには当然手間も時間もかかります。

 

 日ごろは「なぜ動かない」「なぜ気が利かない」と嘆くことが多いかもしれませんが、これとは正反対の、ピントがずれた積極性を持った人材を扱う方がよほど大変です。

 多くの人のお悩みの多くは、もしかするとまだマシな部類なのかもしれません。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

当事者では気づきづらい組織風土の問題をアドバイス。同テーマ商品の対面相談版です。

料金
6,000円

「今一つ元気がない」「何となく一体感がない」など、職場の風土や雰囲気に関する悩みについては、当事者しかわからない事情とともに、当事者であるために気づきづらい事もあります。これまでのコンサルティングで、活気を維持する、活気を失う、活気を取り戻す、という様々な事例、プロセスを見た経験から、会社状況に合わせた原因分析、対策をアドバイスします。(同テーマのメール相談を、より詳細に行うための対面相談です)

【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

このコラムに類似したコラム

「やる気満々」の「受け身」 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2014/11/11 08:00)