「スイスで、無条件に月28万円支給!?」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 代表取締役社長兼C.E.O.
東京都
投資アドバイザー
03-5803-2500
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年11月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「スイスで、無条件に月28万円支給!?」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
お金の基本

こんにちは!

さて、久々に「えっ」というニュースを目にしました。

 

スイスで、無条件に全住民に毎月一定額を支給する

「最低生活保障」の導入に向け、

国民投票が行われるとのことです。

 

内容は、年金や失業手当などを廃止する代わりに、

無条件に大人月額2500スイスフラン(約28万円)、

子供625スイスフランを支給するというものです。

 

推進派の主張としては、

「誰でも、生活の心配をせずに自己実現に挑める社会」

ことを挙げています。

それに対し、反対派は、

「勤労意欲の低下」などを理由に挙げています。

 

また今回の提案では、

人口の約25%を占める外国人の受給資格が、

はっきり示されていません。

仮に受給可能とすれば、

低所得の外国人の移住が増加する可能性があります。

逆に、スイス国民だけに限定すれば、

外国人の差別制度と批判も出かねない状況です。

 

投票は6月に行われますが、

今のところ政府や経済界は、反対の姿勢を示しています。

 

この「最低生活保障(ベーシック・インカム)」は、

貧困対策に有効とされ、スイスのほか、

ヨーロッパを中心に検討している国々があります。

 

ただ、財源をどうするかが、最大の課題と言えます。

厚い社会保障や年金制度を持つ北欧など、

人口がさほど多くない国であれば、

導入も可能かもしれませんが、

人口の多い国での実現性は、難しいといえるでしょう。

 

日本においては、ただでさえ、

「社会保障費の増大」、「財政悪化」が問題となっているため、

ベーシック・インカムの導入は難しいと思いますが、

もし、日本で国民投票が行われたら、

「あなたは、賛成ですか?反対ですか?」

 

これも国の将来(ビジョン)を決める大切な決断です。

自分の“意思表示”は、

いつでもできるようにしておきたいものです。

 

それでは、今週末も穏やかな日々となりますように!

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 代表取締役社長兼C.E.O.

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

03-5803-2500
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

このコラムに類似したコラム

日本の20年度財政黒字化困難で、外貨資産保有割合の見直しを 久保 逸郎 - 老後のお金の不安解消アドバイザー(2017/01/27 18:39)

トランプショックとお金 ~儲ける時も現金は大事~ 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/30 18:05)

「スイスの国民投票 “金”買わず!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/12/12 16:14)

「最低時給2500円は、賛成ですか?反対ですか?」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/05/23 11:17)

「英国の法人税、21%に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/12/08 12:40)