荒川 雄一(投資アドバイザー)- コラム「お金の基本」 - 専門家プロファイル

荒川 雄一
世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

荒川 雄一

アラカワ ユウイチ
( 東京都 / 投資アドバイザー )
IFA JAPAN 株式会社 代表取締役社長兼C.E.O.
Q&A回答への評価:
4.6/26件
サービス:6件
Q&A:104件
コラム:741件
写真:4件
お気軽にお問い合わせください
03-5803-2500
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
社員の資産形成を支援「選択制401kキャンペーン」実施中です!(※外部サイトへのリンクです)
選択制401k

お金の基本 のコラム一覧

88件中 1~10件目RSSRSS

「日本の公的年金の運用状況-2」~注目が集まる2021年度の動向~

「日本の公的年金の運用状況-2」~注目が集まる2021年度の動向~ こんにちは! さて、前回に続いて、今回は、 「日本の公的年金」の2021年度の動向を観ていきたいと思います。 現在、世界最大規模のファンドであるGPIFの動向には、世界中が注目しています。 (続きを読む)

2021/08/19 14:08

「日本の公的年金の運用状況-1」~2020年度のGPIFの運用実績~

「日本の公的年金の運用状況-1」~2020年度のGPIFの運用実績~ こんにちは! さて、今回は、私たちの大切な「公的年金」の運用状況について、 取り上げたいと思います。   まずは、「2020年度の運用実績」についてです。 (続きを読む)

2021/08/12 14:35

「日本の企業年金の現状-3」 ~企業年金保険の利率引き下げ~

こんにちは! さて、前回は、経営環境の先行き不安から、 企業年金の「リスク対応掛け金」を、 抑制している企業が増加しているという話をしました。 「割引率」の低下により、ただでさえ、 厳しくなっている年金運用ですが、 ここにきて、さらに、 追い打ちをかける発表がありました。 「企業年金保険」の予定利率の引き下げが、 検討されているのです。 (続きを読む)

2020/12/24 17:24

日本の企業年金の現状-2 ~リスク対応掛け金の減少~

日本の企業年金の現状-2 ~リスク対応掛け金の減少~ こんにちは! さて、前回は、企業年金の「積立不足」を取り上げましたが、 「確定給付型年金」を採用している企業の中には、将来の運用悪化に備えるために、 「リスク対応掛け金」と呼ばれる積立を行っている企業もあります。 (続きを読む)

2020/12/17 16:13

「日本の企業年金の現状-1」~積立不足が進む企業年金~

「日本の企業年金の現状-1」~積立不足が進む企業年金~ こんにちは! さて、皆さんの中には、企業にお勤めで、 「企業年金」に加入されている方も多いかと思います。   そこで、今シリーズでは、日本の企業年金の現状について、 取り上げてみたいと思います。   第1回のテーマは、「積立不足」です。 (続きを読む)

2020/12/10 16:51

「“自分株式会社”のお金の残し方」

「“自分株式会社”のお金の残し方」 こんにちは! さて、前回に引き続き、今回は、 自分株式会社の「お金の残し方」について、 考えてみましょう。 (続きを読む)

2020/10/15 15:40

「“自分株式会社”の実践方法」

「“自分株式会社”の実践方法」 こんにちは! さて、前回は、「“自分株式会社”の考え方」を、 お伝えしましたが、 今回は、その実践方法について、 考えてみましょう。 (続きを読む)

2020/10/08 15:43

「“自分株式会社”という考え方」

「“自分株式会社”という考え方」 こんにちは! さて、今回は、「人生100年時代」の今後の生活スタイルとして、 “自分株式会社”を取り上げてみたいと思います。 (続きを読む)

2020/10/02 09:51

「家計の金融資産の”最大のリスク要因”とは!?」

「家計の金融資産の”最大のリスク要因”とは!?」 こんにちは! さて、今日の数字は、家計の金融資産残高です。 6月末時点で、2四半期ぶりに、 前年比0.1%の減少となりました。   今後、家計における“最大のリスク要因”は、 一体何なのでしょうか!? (続きを読む)

2019/11/22 14:56

「米国債の保有額、再び1位に!」

「米国債の保有額、再び1位に!」 こんにちは! さて、今日の数字は、 日本円にして“約120兆円”と大きな金額です。   日本は、2017年5月以来、 約2年ぶりに中国を抜いて、 1位に返り咲きました。 その要因は・・・ (続きを読む)

2019/08/29 16:35

88件中 1~10件目

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真