良いことばかりでないかもしれない「研修制度の充実」 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

長谷川 進
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2017年10月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

良いことばかりでないかもしれない「研修制度の充実」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験

 採用活動のように、特に対外的な自社のアピールが必要な場面では、「整った研修制度で能力を伸ばすことができる」など、「研修制度の充実」を掲げる会社をよく見かけます。

 また応募者の側も、特に新卒採用や未経験者採用の場面では、「研修制度の充実」を会社選びの条件とする人が多いように思います。

 

 「教育環境が整っている中で教えてもらいたい」「優秀な上司に自分を成長させてもらいたい」など、自分の能力が少しでも早く伸ばせる環境がある会社が望ましいと考える気持ちはよくわかります。充実した制度を活用して早く成長することができれば、それは会社にとっても望ましいことですし、自分のためにも良いことです。

 

 ただ、そういう環境を望む人が、入社してから自分で本当に努力するかというと、必ずしもそうとはいえないことが多いように思います。

 与えられる課題に対してそれほど積極的に取り組む訳ではなく、かといって何もしない訳でもなく、学生時代と同じようにとりあえず単位が取得できる60点程度が取れればよい、そんな感じの取り組み方です。

 

 こうなってしまう理由を考えてみると、会社に対して「研修制度の充実」を求めているということは、どこか本音の部分で、「自分の仕事は誰かが教えてくれるもの」「自分の能力向上は会社から与えられるもの」という受け身の姿勢、人任せの気持ちがあるのではないかということです。研修制度への依存心が見受けられ、そもそも自分の力で成長していこうという意識や意欲が乏しいとも言えます。

 

 これは、決して会社の研修制度が不要と言っている訳ではありません。会社として教えるべきことはきちんと教える必要があり、そのための環境作りは絶対に必要です。

 

 ただその一方で、研修などの形でカリキュラム化して教えられることは、仕事の中でも一部のことに限定されます。実務でなければ経験できないことも、一度は失敗しなければわからないこともあります。何でもかんでも他人が教えられる訳ではありません。

 

 また、会社はただ学ぶための場ではないので、結果と育成のバランスを取る必要があります。新しい経験をさせるにしても、会社として痛手を負うような致命的な失敗はさせられません。

 

 本人に何をどの程度やらせるかを判断する上で、ただ言われたことだけしかやらない受け身の姿勢の者は、自分から発信する力やチャレンジする意識が弱い傾向があります。そうなると今の能力を超えるような仕事は任せづらく、結果として経験できる仕事の幅や難易度は抑えられ、成長する速度は遅くなってしまうでしょう。

 

 会社が「研修制度の充実」を売り物にするのは、悪いことではありません。また応募者や社員が、会社に対して「研修制度の充実」を望むのも、これまた悪いことではありません。

 ただそこには、自分の力で学ぼうとしない、「キャリアは会社が与えてくれるもの」という意識を助長している可能性があります。

 

 充実した制度には、必ずそれにぶらさがる者が出てきます。「研修制度の充実」も、必ずしも良いことばかりではありません。現状がどうなのか、よく注意しておく必要があると思います。

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

中小法人限定で当事者には気づきづらい組織課題を社員ヒアリングで診断。自社の組織改善に活かして下さい。

料金
無料

組織の課題は、当事者しかわからない事とともに、当事者であるために気づきづらい事があります。これまでの組織コンサルティングで、様々な組織課題とその改善プロセスにかかわった経験から、貴社社員へのヒアリング調査によって組織課題を明らかにし、その原因分析や対策をアドバイスします。予算がない、依頼先を見つけられないなど、社外への依頼が難しい中小法人限定です。社員ヒアリングのみで行う簡易診断になります。

【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

このコラムに類似したコラム

IT人材のキャリアパス 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/09/15 14:11)

自分の一番身近にある素材「性格」をどう活かしましょう 竹内 和美 - 研修講師(2017/04/24 15:52)

悩めるCIO 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/10/26 10:21)

人が育つための環境 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/10/19 10:49)

【IT人材育成】無料経営相談会のお知らせ 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/10/12 10:29)