会社への貸付金に注意 - 税金全般 - 専門家プロファイル

大手町会計事務所 代表税理士
東京都
税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会社への貸付金に注意

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般
税金

中小企業の場合、社長がお金を貸していることがよくあります。


その貸したお金も戻ってくることはほぼありません。


ほとんど資本化しています。


生前中はこれでも問題ないですが、相続があった場合、このほとんど戻ってこないお金が相続財産となります。


このよう場合の対策としてよく行われるのは下記の方法です。


1.債権放棄

2.会社を清算する

3.DES  


債権放棄は、会社に収益として認識されるので、欠損金の範囲内などの調整が必要です。欠損金がない場合には、相続税と法人税の税率差を考慮して放棄します。


会社を続けるつもりがないのであれば、清算するもの方法です。


DESとは、借金を資本金にすることです。実務的には結構ハードルが高いです。


上記以外では債権を売却するという方法もありますが、誰が買うのか???


いずれにしても早い段階で対応したほうが良いです。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

認知症と家族信託 その2(2017/09/14 12:09)

認知症と家族信託 その1(2017/09/12 11:09)

海外赴任中の住民税(2017/08/08 13:08)