無予告調査は理由が必要 - 税金全般 - 専門家プロファイル

大手町会計事務所 代表税理士
東京都
税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

無予告調査は理由が必要

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般
税金

税務調査が無予告で行われるケースがあります。


事前に通知することで、不正行為の発見を困難にするなどの理由があれば無予告で行われます。


よく現金商売では無予告で調査が行われますが、ただ単に、現金商売をしているという理由だけでは、無予告調査はできません。


事前に税務調査の通知することで、過去の不正行為の発見を困難にする目的で、帳簿を改ざんしたり、隠ぺいしたりすることが、合理的に推認される場合です。


「合理的に推認される」とは、確かな情報をもとに行われなければなりません。


この商売はみんな不正をしているから同じだろうという思い込みが、納税者から反感を買い、調査をより困難な状況へと彷徨います。


税務調査は納税者にとって決してマイナスなものではありません。


従来当然のように処理していいた事項が実は勘違いだったり、支払金額が間違っていたりなどが発見できる機会でもあるからです。


納税者もびくびくせず、堂々と税務調査を待ち構えてください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

流行の兆し iDeCo(2016/12/02 11:12)

まだ間に合う今年の節税(2016/11/30 15:11)

ていないしんし?(2016/09/14 18:09)