滋味深き煮込み料理 10月の料理基礎講座にて - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
平岡 美香
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
大庭 麗
(料理講師)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

滋味深き煮込み料理 10月の料理基礎講座にて

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室


10月の料理基礎講座にて




アミューズはいくらトースト
もともとアンジェリーナで食べたトーストから。詳しくはこちらへどうぞ。

ラングスティンヌとアーティチョークを使ってサラダに。

ラングスティンヌは日本名「赤座海老」。赤座という植物の色に似ているからそう呼ぶそうです(が、私には納得できず)。赤座の色はもっと赤紫に近いような・・。
日本にもいるようで、ごくまれに黒門市場の魚屋さんに見かけますが、たぶん漁港近くで消費されるとか、契約しているフランス料理店に直行してしまうのでしょう。そうそう手に入りません。これはスコットランド産。
フランスではよく食べる海老で、どこのスーパーでもマルシェでも山積みになっています。

アーティチョークは日本名「朝鮮あざみ」ですが、朝鮮から来たわけではなく、外来植物を意味するよう。昔は鬼アザミとも呼んだ、と教わりました。
花托と呼ばれる、萼に覆われた底の部分を食べます。
小麦粉とレモン汁、塩を入れて茹でます。きっと筍に糠を入れて茹でるような意味合いなのでしょう。






主菜は鶏のフリカッセ fricesse de volaille

フリカッセとは白いソースの煮込みを意味します。
鶏のガラから取ったフォンの中で、鶏を煮ていくシンプルな料理です。
なのに、なんとも非常に味わい深く、大好きな煮込み料理です。私には、たぶん煮込みの中で、一番好きな味といってもいいくらい。滋味深い、という言葉がとてもしっくりくる味わいです。
そしてまたピラフがとてもよく合うのです。ソースをからめて食べるピラフは、もうこれだけでもいい!というくらい。といいつつ、もちろん鶏もほろほろして、溜まらなくおいしいものです。
幸せを感じる料理というものが誰にもありますが、これは間違いなくその一つです。




デザートはモンブランmont- blanc

メレンゲにシャンティを盛り、上から栗のクリームを絞ります。
とこでもともとのモンブランの形は、栗のピュレの上に、こんもりともりあげたシャンティです。
つまりこちらこそが、白い山であるモンブラン。写真で初めて見たときはびっくりしましたが、納得です。

このコラムに類似したコラム

そろそろモンブランの季節 10月の料理基礎講座ご案内 塚本 有紀 - 料理講師(2013/10/14 21:27)

ポワローの美味しい季節 塚本 有紀 - 料理講師(2014/01/12 19:30)

マロンのビュッシュ・ド・ノエル講座のお知らせ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/12/12 00:31)

12月の料理基礎講座のお知らせ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/12/11 08:09)

11月の料理連続講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/19 23:21)