SCENE3  睡眠中の熱中症可能性は・・・・、なんと! 2人に1人 - 睡眠障害・目覚め - 専門家プロファイル

快眠コーディネイター 力田 正明
Sleepercise (スリーパサイズ) 代表
大阪府
快眠コーディネイター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

SCENE3  睡眠中の熱中症可能性は・・・・、なんと! 2人に1人

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. 睡眠障害・目覚め
睡眠知識 アメブロ 快眠育

 今年の猛暑で、体がダルイと感じられている方、多いのではないでしょうか?

東京都内で、熱中症で亡くなられた方が、120人というネット情報がありました。

サーモスの全国の10代~60代の男女600名を対象に、「夏の夜の熱中症対策(暑さ対策含む)に関する意識調査」によると(調査期間は617日~20日)、

 睡眠中の熱中症可能性は・・・・、なんと! 2人に1人だそうです。

 

  私たちは、睡眠中の汗の量は、汗をかいた実感がなくても、ひと晩で約300mlといわれています。とくに、夏場の熱帯夜の時にかく汗の量は、かなりの量になると思われます。

  あまりに睡眠中の発汗量が多いと、睡眠阻害要因になり、寝不足状態になります。当然、その汗は、布団、マットレス等に吸収されるので、湿気を含んだ寝具も、不快感を高め、眠りを浅くする原因となります。

  睡眠中の発汗量が多いと、脱水症状のような状態になっています。その結果、血液の流れが正常時よりも遅くなり、血液が固まりやすくなったり、老廃物質の排泄に悪影響を及ぼします。

 そのためには、目覚めたときに、コップ1杯の水を飲む!

それにより体に水分を補給し、体の機能を正常に戻す必要があるのです。 

 

 
** < 心が軽くなる 睡眠改善サポートメニュー > **

 不眠は症状です。その奥にある悩みを、じっくり聴かせていただきながら、睡眠改善のアドバイスを進めていきます。 人は話すことで、心が軽くなります。

 行政で 「生活相談」 「職業相談」 就職支援事業などの相談業務に、5年近く従事していた経験を活かしながら、睡眠専門家として睡眠改善を進めていくことが、このサービスの強みです。

【専業主婦のための】 睡眠改善サポート電話相談(50分)
   http://profile.ne.jp/s/s-5482/
【ビジネスマンの】 睡眠改善サポート電話相談(50分)
   http://profile.ne.jp/s/s-5487/
【経営者のための】 睡眠改善サポート電話相談(50分)
   http://profile.ne.jp/s/s-5488/
【高齢者のための】 睡眠改善サポート電話相談(50分)
   http://profile.ne.jp/s/s-5491/

近々、スカイプ相談、対面相談もアップする予定です。

このコラムに類似したコラム

SCENE63  冬の快眠法 足は冷やしてはダメ! 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2013/11/11 18:30)

SCENE61  寝るときは足を温めましょう! 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2013/11/05 09:43)

SCENE57  目覚めたらコップ一杯の水! 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2013/11/01 08:01)

SCENE57  メラトニン(睡眠ホルモン)の原材料を摂りましょう! 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2013/10/30 17:49)

SCENE54  朝食は食べていますか? 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2013/10/27 18:39)