歩くとふらつくことと外反拇趾 - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イメージコンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

歩くとふらつくことと外反拇趾

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. 姿勢・ウォーキング

Noriko式ウォーキングの
Bjウォーキングスクール代表
Norikoです。


「歩くとふらつく」

レッスンや個人セッションで
そういうお声をよくお聞きします。


昨日のセッションにも
「何かふらふらする…」
と、おっしゃる方が
いらっしゃいました。


歩き方を拝見すると
片側だけ
腰を持ち上げることで
足を上げておられました。

クルクルと
片側の腰をひねりながら
歩いておられるのです。

「スカートやベルトが
いつも同じ方向に
回ってしまいませんか?」
そうお聞きすると

「はい、回ります~」
と、おっしゃっていました。


こういった歩き方を
なさっている方は

足の指が上手く使えず
外反拇趾になってしまう場合が
あります。

この生徒さんも
外反拇趾でした。


セッションでは
姿勢の取り方を練習し
意識する箇所をお伝えしたのち

腰で持ち上げられないようにして
歩いていただくと

ピタッとふらつきが
止まりました。


いつもの歩き方と
練習した歩き方を比較し

前者が足指が使えておらず
後者が使えていることを
実感していただきました。


外反拇趾などの
足のトラブルは

足だけ何とかしようと思っても
良くはなりません。


姿勢と歩き方が
そういったトラブルを
招いているので

体全体で
ちゃんとバランスをとり
立ち歩くことが
必要なのです。





Bjウォーキングスクール情報

http://www.noriko-walking.com/

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに

日常の自然な歩き方「YURUKUウォーク」考案者。筋トレやストレッチを必要としない独自メソッドで、受講生は10000人以上、インストラクターは150人を超えました。近年はオリンピック代表選手のパーソナルレッスンや企業の健康指導など多岐に渡り活動中です。

このコラムに類似したコラム

うつぶせ寝だと腰骨が床にあたって痛い Noriko - マスターウォーキングインストラクター(2013/08/29 07:50)

からだがつながる Noriko - マスターウォーキングインストラクター(2013/06/12 23:41)

変わるわよ! Noriko - マスターウォーキングインストラクター(2013/02/22 23:38)

Norikoのわがままにより… Noriko - マスターウォーキングインストラクター(2013/01/19 21:42)

心の緊張 Noriko - マスターウォーキングインストラクター(2012/12/29 10:48)